東京 ホームページ作成・Web制作会社シスコムノートWeb制作ブランディングに”効く”記事広告の作り方
NOTE
2020.12.02Web制作

記事広告で効果的なブランディングをするためにブランディングに”効く”記事広告の作り方

目次

    自社の商品・サービスをいかに効率良く販売できるかは、企業にとって重要な要素となります。マーケティングでは、企業ブランドを確立する手段としてメディアを利用することが効果的であるといえるでしょう。
    またブランディングを強化することで、コロナ禍でも集客効果を高めることができます。オフラインで接触できない今だからこそ、Webを通したブランディングが必要となるのです。
    今回は、記事広告を使って消費者に認知をしてもらえるようなブランディング効果についてご紹介します。

    ブランディングのメリットについてはこちらの記事をご参照ください。

    無料相談
    無料相談

    記事広告とは

    名称のとおりではありますが、Webメディアなどの媒体に、通常の記事と同じような体裁で記載している広告のことを指します。専門的、あるいは身近にいそうな第3者視点で記載するなど、さまざまな形式が存在します。

    私たちの身近には、スマートフォンなどのインターネット環境が整っている端末が常にあります。このような媒体を使って宣伝することは、マーケティング戦略において有効的な手段であるといわれているのです。

    シスコムでは、お客様とともにお客様の課題に、真に寄り添ったご提案が可能です。
    無料相談では、お客様の課題やお悩みをお伺いし、成果に対し最善なご提案をいたします。これまで、20年以上に渡る豊富な知見をもとに、成果がでるWeb制作・運用を行っていますので、お気軽に、ご相談ください。

    メディアサイトで行う事の意味・記事広告のブランディングへの影響

    どれだけ良い記事ができあがったできたとしても、閲覧する人がいなければ意味がありません。より多くの人が閲覧できる環境を整える必要があります。

    前述でも記載しましたが、私たちの周りにはスマートフォンなどの媒体があることから、情報が常に飛び交っています。自宅でのんびり過ごしている時、通勤・通学などの移動時でも、ニュースなどが記載されている記事やTwitterなどのSNSから常に情報が取得可能な環境です。

    こういったメディアサイトに自社の商品・サービスを掲載させることで、消費者に認知をしてもらうことができます。「◯◯って凄く良いらしいよ」「◯◯といえばこの商品がおすすめ」など、口コミ等を利用することでブランディング強化に繋がるのです。

    ブランディングは基本的な部分ではありますが、コロナ渦においてWeb集客が中心になると見込まれる中で、企業ブランドをきちんと表すことがより必要となります。ブランディングを確立することが、今後の企業の収益に大きな影響があるといっても過言ではないでしょう。

    記事広告のメリット(効果)

    記事広告はさまざまなメリットがありますが、主なメリットを下記に列挙していきます。

    第3者視点情報で消費者に伝わりやすい

    記事広告は商品を販売する企業が記載するのではなく、実際に商品・サービスを利用した消費者が記載することが多くあります。

    例えば、利用したことのない商品を購入することは不安を覚えることが多いでしょう。消費者としては、購入してイメージと違うなどの損をしてしまうことを回避したく、情報を得ようとします。
    そういった消費者の不安を解消するために、実際に使用・利用したことのあるユーザーが記載している記事広告を活用することができます。

    メリット・デメリットなどの総合的な情報を正確に得られることから、消費者にとっては安心して購入することができ、購入意欲促進に繋がります。

    もちろん、自社のホームページなどで詳細を記載することも重要となりますが、販売者目線で記載していることに疑念を抱く可能性もあるため、第3者機関と合わせてブランディングを強化する必要があります。

    インターネット検索の上位に掲載される可能性がある

    現代社会において、消費者は商品やサービスを利用する前に、インターネットを使って事前にリサーチをすることが多く見受けられます。その際に検索エンジンの上位に引っかからなければ、自社の商品を売り込めません。

    そういった問題を解決するためには、検索エンジンの上位を狙えるようなドメインが必要です。記事広告を記載しているサイトはドメインが強い傾向にあるため、自社サイトよりも検索条件に該当し、上位を優遇されるケースもあります。

    幅広い顧客層が閲覧することは、商品の認知を向上させ、ブランディング強化となるのです。

    商品・サービスの深い知識を提供できる

    記事広告は、名称どおり記事と広告を組み合わせた内容になっており、読み手を飽きさせずに必要な知識を与えることができます。
    読み手の読解力に合わせてコンテンツを仕上げることができるため、ターゲットを絞り深く伝えることが可能となります。読み手に深く自社の商品やサービスを理解してもらうことで、ブランディング強化へと繋がります。

    シスコムでは、お客様とともにお客様の課題に、真に寄り添ったご提案が可能です。
    無料相談では、お客様の課題やお悩みをお伺いし、成果に対し最善なご提案をいたします。これまで、20年以上に渡る豊富な知見をもとに、成果がでるWeb制作・運用を行っていますので、お気軽に、ご相談ください。

    記事広告の種類

    記事広告は目的によって内容が変わります。以下では、どういった形式があるのかを紹介します。

    インタビュー

    商品やサービスの内容を紹介する中で、どういった歴史があってこの商品ができあがったのかなどの情報を開発者等にインタビューし、記事にしたものです。開発者など商品・サービスに深く携わった人からの情報は、人の思いや熱意が消費者に伝わりやすく、購買意欲を促進します。

    体験リポート

    実際に商品を使用した流れをリポート形式で記載した記事です。知人が使っていたから、自身も使ってみたいという体験は誰にでもある経験。こういった第3者視点での記事は、宣伝に有効的です。特、著名な人物からのレビューは、消費者にとって大きな安心を生みます。

    SEO対策

    SEOとは、「検索エンジン最適化」のことを指します。Webページを最適化にすることで、検索上位に表示させ、自社サイトに流入しやすいようにする施策のことです。外部からの自然流入アクセスを増やすことで、長期的かつ安定した顧客数を増やすことができます。

    出稿するときに決めるべきこと

    記事広告を出稿する際の注意点やポイントをいくつか紹介します。

    目的に合わせた予算を組む

    記事広告の予算は、想定されるPV(ページビュー)数で決まってきます。PVとは、Webサイト内において、特定のページが開かれた回数。料金は掲載されるメディアサイトによって大きく異なってきます。

    相場としては、想定PV数×20〜150円と幅広く、約30万円~150万円が費用としてかかります。

    開かれたメディアサイトに掲載することはブランディング強化に繋がりますが、掲載することでの収益とのバランスを加味し、慎重に掲載する必要があります。

    読み手のターゲット像を明確にする

    自社の商品に適した人物が閲覧するようなメディアサイトに出稿することで、より明確な成果を得ることができます。性別・年齢など自社サービスと同傾向の顧客層が閲覧するメディアサイトに掲載することで、収益向上に繋がるのです。

    検索流入数が多いメディアを選ぶ

    検索流入数が多いということは、それだけ多くの顧客となる人々が閲覧している証拠です。消費者は商品を購入する際に、抱えている悩みや欲求を満たすなどのニーズが存在します。検索をするキーワードが自社サービスに繋がるようなメディアサイトに掲載することで、自社サービスにも目が留まりやすくなり、購買意欲促進、ブランディング効果が強化されることになります。

    シスコムでは、お客様とともにお客様の課題に、真に寄り添ったご提案が可能です。
    無料相談では、お客様の課題やお悩みをお伺いし、成果に対し最善なご提案をいたします。これまで、20年以上に渡る豊富な知見をもとに、成果がでるWeb制作・運用を行っていますので、お気軽に、ご相談ください。

    まとめ

    記事広告は決して安いものではありません。しかし、上手くいけば自社のブランディング強化となり、収益向上に繋がります。

    コロナ禍の昨今では、自宅にいることが多くなり、店頭での収益は上手く見込めなく、Web集客がメインとなるため、インターネットを使った宣伝をすることは必須となるでしょう。
    ただ、知識もないまま記事広告を作成したとしても、見込んでいた収益に繋がる可能性は低くなります。実績のある専門のアドバイスがあってこそ、自社のサービスを広め、ブランディング強化となり、収益向上となるでしょう。

    シスコムでは、Web集客に繋がるサービスのサポートを行っております。お客様とともにお客様の課題に、真に寄り添ったご提案が可能です。
    無料相談では、お客様の課題やお悩みをお伺いし、成果に対し最善なご提案をいたします。これまで、20年以上に渡る豊富な知見をもとに、成果がでるWeb制作・運用を行っていますので、お気軽に、ご相談ください。

    ご相談・お問い合わせはこちらから

    TEL 03-6278-7703

    ご相談・お問い合わせ