おしゃれなデザインのWebサイトはどう制作すれば良い?最新のトレンドや作り方、参考サイトやツールまで紹介します

「起業したので会社のサイトが欲しい」、「普通のブログではなく自分用のブログが欲しい」、「趣味の品を紹介するためのサイトが欲しい」など、おしゃれなデザインのWebサイトの需要は多々あります。

しかし、実際に作るとなると難しく、独学では太刀打ちできないこともしばしば起こります。

デザインは勉強だけではなく、もともとのセンスも必要なものです。

雰囲気のよいサイトを作るには、プロの外注に任せたり、自分でデザインを勉強したり、さまざまな方法もあります。

今回は、実際にWebサイトを作成するプロセスと、デザインの勉強方法、 デザインのトレンド、ツールを紹介します。

読み終えると、イメージしていたサイトの制作の実現にぐっと近づけるかもしれません。

ハイセンスなWebサイトを作ろう。自分で作る場合と外注する方法とその注意点

一から独学やツール利用でおしゃれなサイトを作る

自分でサイトを作りたいときは、大きく2つの方法があります。

1つ目は、自分でコーディングする方法です。

コーディングとは、プログラミング言語を使ってソフトウェアの設計図にあたるソースコードを作成すること。

自分でコーディングする場合、一番自由度が高く、十分な知識があれば自分の作りたいサイトを実現できるのですが、知識がない場合は大変です。

HTML・CSSの知識を基本として、デザインにこだわるのであれば、javaScript などの勉強も必須です。

また、Web制作の知識は膨大かつ専門的なため、中には専門学校に通う人も多くいます。

2つ目は、コーディングをツールにお任せする方法です(ツールの種類は、後ほどご紹介します)。

ツールを使う場合は、ツールの使い方さえ覚えれば、簡単にサイトを作ることが可能ですが、ツールそのものが有料であったり、ツールであることで自由度が減るというデメリットがあります。

また、ツールで不十分なところをカスタマイズしようとすると、やはり専門知識が必要です。

記事のテーマ(メインとなるデザイン)はサイトの重要なポイントですが、既存のテーマの中に、気に入ったものがないということもあるでしょう。

本当にイメージしているものができるかどうかは保証できません。

もちろん、自分でサイトを作りたい、将来的にWebデザイナーの道に進みたい場合は、自分で1から作ることもいい勉強になりますので、ぜひ挑戦してみてください。

ご紹介した他にも、専用のソフトを使うなどさまざまな方法がありますが、いずれも一長一短です。

自分の作りたいサイトのイメージや、どこまで制作に時間を使うかといったことから、ツールを使うか、自分で開発するか、その他の方法をとるか、逆算して考えてみることが大切です。

Web制作のプロに外注して、おしゃれなサイトを制作してもらおう

Web制作のプロに依頼すると、一番自分のイメージあったサイトを手に入れることができます。

なんとなく高そうな感じがするかもしれませんが、ここでは依頼した場合の費用などについて整理しましょう。

まず、プロに依頼した場合の費用については業者によってまちまちです。

業者の手持ちのテンプレートを使う場合で1万円程度から制作をしている会社もあれば、ネットショップの開設をしてもらう場合で50万円程度、それ以上の料金がかかることもあります。

どのようなサイトが欲しいのかによって、必要な機能が違い、工程数や作業日数にも差が出てくるので、まずはサイトのイメージを明確にした上で、業者に問い合わせてみてください。

サイト制作を外注する際には、必ずお客様との打ち合わせをして、発注側と制作側とのイメージを一致させます。

打ち合わせの後は、サイトの提案書、開発の見積書を作成し、お客様にお渡しします。

この時点でコストは発生せず、Webサイトの大まかな概要やデザイン、スケジュールなどを確認します。分からないことや変更点などがあれば、この時点で明確にしておくことが重要です。

作りたいものがはっきりしていないと、その後「やっぱりイメージと違う」ということになり、計画を変更したり、リリース時期が順延されたり、幾度も打ち合わせをする手間がかかるなど、せっかくかけた金銭的、時間的コストが無駄になってしまうことがあります。

事前ヒアリングシートを用意している会社もあるので、どのような目的で、誰に向かって情報を発信したいのか、ページのイメージを具体的にしてから外注しましょう。

既存・他社のWebページがイメージと近いものがあるのであれば、打ち合わせの段階で話に出してもよいでしょう。

契約内容に問題がなければ、正式契約をする形になります。

契約の前に幾つか知っておきたいポイントをご紹介します。

まず、SEO への理解についてです。

SEOとは、検索エンジンにサイトを見つけてもらいやすくするための各種手法です。

せっかくサイトを作っても、検索エンジンに見つけてもらわなければ、アクセス数が見込めません。

事前にしっかり確認しましょう。

次に、ランニングコストについてです。

ランニングコストとは、機器やシステムの保守・管理に必要な費用のことです。

一度サイトを作ったらそれで終わりではありません。必ず更新作業が必要になります。

更新作業は外注するのか、自分で行えるようにするのか、その場合の料金はどうなるかなどしっかり話し合ってください。

最後に、納期についてです。

納期はサイトの規模にもよるのですが、希望の日時があれば要望しましょう。

きちんと納期を守ってくれる業者なのか、口コミなどから評価を探すとよいでしょう。

ドメイン取得、サーバーの設定などもしてもらえるのか、素材はどうするか(写真やイラストなど自分で用意するのか、用意してもらえるのか)など、見落としがちなポイントは今一度確認しましょう。

打ち合わせの際には、ある程度の知識がないと、詳細の話がわからないかもしれないので、特にSEO対策など、ある程度は基本的な知識を勉強しておいたほうがいいかもしれません。

外注先は、実績、口コミなどの評判から選ぶと確実です。

特に、自分のイメージと似たサイトを過去に制作している業者であれば安心です。

会社規模、制作体制などを、しっかり把握した上で、費用との兼ね合いもあわせて考えましょう。

また、担当営業の方とのコミュニケーションの相性も大事ですので、信頼できる外注先を選びましょう。

Webデザインの学び方やWebデザインの最新トレンドを紹介

Webデザインを学ぶには、とにかく見て・真似て・作る

自分でWebサイトを作ってみたい場合は、自分が「いいな」と思ったデザインが、なぜよく見えたのかよく考えてみてください。

いいデザインを学ぶには、とにかく目を鍛えることが大事です。

それには、プロが作った事例をたくさん目にしてみることが重要なのです。後ほど、参考になりそうなサイトをご紹介します。

次に、プロのデザインを真似て、たくさんデザインを作って(コーディングして)みましょう。

注意点としては、コードを丸暗記するなど、すべてを覚えるという方法はやめて、最初のうちは、とにかく数をこなすことです。

ある程度できるようになってから、ディテールまでこだわって作り込むといいでしょう。

最後に、ある程度の経験が溜まったら、自分でオリジナルのデザインのサイトを作成をしてみましょう。

学校の勉強と違って、暗記することよりも、実現したいものにあわせて技術を上げていくといったイメージです。

まさに職人の世界ともいえます。

よく考えながら手を動かすことが大事で、動かした数だけ実力がアップします。完璧主義すぎると、ここで少しつまずくかもしれませんが、とにかく続けていくこと。継続は力なり、です。

最新Webデザインのトレンドは、ミニマルデザインやパララックスデザイン

Webデザインにも、流行があり、どんどん新しいものができています。

人々の生活の変化にともない機能的にデザインが変わるので、 最新情報を常にキャッチアップし、流行についていくことが重要です。

ここでは、最近人気のデザインを簡単にご紹介します。

1つ目はパララックスデザインです。

パララックスデザインとは、スクロールをすることで、視線を上から下へと動かしていくかのような効果を得られるデザインをいいます。

スクロールダウンすると別のページに変わったりすることで、見る人に「もっと次をみたい」と思わせることができるというメリットがあります。縦長を強調したいサイトに最適です。

2つ目はミニマルデザインです。

画面上の構成要素を最低限にし、使用する色も少なくし、目立たせたいところだけを強調する手法です。ゴテゴテとした装飾がない分、すっきりと見えます。

ただし、すっきりとしすぎて退屈なイメージにならないように、デザイン側のセンスが必要です。

3つ目はフラットデザインです。

シンプルな構造はミニマルデザインと似ているのですが、機能面はミニマルデザインのように削ぎ落とすことなく、デザインの面でシンプルさを追求しています。

立体感がなく、ページそのものに動きはほとんどありませんが、パッと見て何が書いてあるのか分かりやすくすることが可能です。

4つ目はマテリアルデザインです。

マテリアルデザインは、現実に存在するモノに似せたデザインで、3次元が基本です。

光と影も表現し、現実の世界の物理法則に逆らうことがありません。

ミニマルデザイン、フラットデザインを踏まえた上で、直感的に操作しやすいデザインとなります。

マテリアルデザインは、2014年からGoogleが提唱している技法の1つ。

Googleマテリアルデザインは、余白の取り方などのガイドラインが決まっているため、ガイドラインを守るとそれらしきデザインが出来上がります。

今後も、新しいデザインの概念が続々と出てきて、流行り、廃りを繰り返すと思われます。

常に、新しい知識・スキルに触れていることは、とても大事なことです。

どのようなデザインが流行ったとしても、その時代に応じたデザインを追いかけて、勉強を続けていくことが大事です。

初心者からプロまで使えるデザインの参考サイト・ツールを紹介

Webデザイナーが選ぶ、Webデザインの参考サイトまとめ

よいデザインに触れることで、自分のセンスも磨かれます。下記にて、Webサイトのデザインが参考になるまとめサイトをご紹介します。

  • MUUUUU.ORG
    縦長のサイトで、特にデザインが優れたものをまとめたサイトです。デザインとしては、オーソドックスなものが多いです。
  • Web Design Bookmarking
    Webサイトギャラリー・リンク集です。どのサイトもキャッチーであり、パッと見て、視覚的に訴えかけるものがあります。
  • Webデザインギャラリー
    国内外問わず、セレクトされたWebサイトリンク集です。タグ付け、色などからサイトを探すことができます。
  • Responsive Web Design JP
    レスポンシブWebデザイン(閲覧者の画面サイズまたはWebプラウザに応じてデスクトップWebページが閲覧できることを目指したWebデザインの技法のこと)にこだわったまとめサイトです。スマホ対応のサイトを作りたいときにおすすめです。
  • WPデザインギャラリー
    無料のホームページ作成ソフト・WordPressを使ったサイトを集めています。WordPressを使って開発をしたい方におすすめです。

初心者でも簡単におしゃれなサイトが作れるツールまとめ

自分でサイトを作りたい方のために、それぞれの目的に応じたサイト作成ツールをいくつかご紹介します。

  • WIX:豊富な写真素材が使えます。1ページだけで済むテンプレートもあり、会社、個人事業などのビジネス向けです。
  • Base:無料でネットショップを開業できます。デザインはあまりカスタマイズできませんが、その分商品の写真にこだわるといった工夫ができます。
  • Jimdo:操作が簡単です。初めてでよく分からないが、とにかくサイトを持ってみたいという方にはおすすめです。コンテンツを追加しても違和感の少ないデザインが多いです。
  • グーペ:個人のお店などにおすすめです。無料のテンプレートはシンプルで、有料のテンプレートを購入すると、豪華なデザインのテンプレートも使えます。通常プランの場合、1,000円/月〜 費用がかかります。
  • IM-Creator(英語サイト):テンプレートはシンプルでおしゃれです。ドラッグ&ドロップで部品をはめていくイメージでサイトがつくれます。コーディングが苦手な人でも大丈夫です。
  • Edicy(英語サイト):英語や韓国語・中国語等、多言語サイトを作ることが可能です。デザインは存在感のある写真がメインです。
  • Strikingly:スマホサイト向けのツールです。サイトを直接クリックして編集する形です。デザインは、スマホ対応のレスポンシブデザインです。
  • Webydo(英語サイト):自動でコーディングしてくれます。デザインを自分で作りたいが、コーディングが苦手な人に向いています。
  • Webnode:テンプレートを用途から選べます。会社のWebサイト、個人のブログ、通販サイトなど、スタンダードを学びたい人にはよいでしょう。

まとめ

おしゃれなサイトは、初心者でも作ることはできますが、技量やセンスが必要です。

デザインがよいものを作れるようになるには、とにかくプロの作品を真似て作ってみることが重要です。

特に、企業のサイトなど商用で使う場合は、制作のプロに依頼すると安心です。

依頼時には、事前にできるだけサイトを具体化し、費用面でも詳細まで話し合うなど、しっかり準備をすることで、納品もスムーズになります。

おしゃれなサイトを実現するためには、自身の能力やセンスだけではなく、多くの工程が必要です。

確実に希望のサイトを作るために、外注するというのも一つの方法です。

Webサイトの外注には、弊社のサービスの利用もご検討ください。

contents
page_top