SEO料金プラン

これなら続けられる、これなら申し込める。継続しやすい料金設定で、しかも返金制度があります。

シンプルな料金体系で月額支払い上限が明確!完全報酬制 初期費用
月額検索回数 料金(月額固定費) 主なキーワード
(初期基本設定料金) 200,000円
プランA  0~5,000 100,000円 社名、エリア名
プランB  5,001~10,000 200,000円 一般的なキーワード+エリア等
プランC 10,001~15,000 300,000円 Bigワード+エリア
一般ワード+一般名詞
プランD 15,001~30,000 400,000円 有名企業名
Bigワード+一般名詞、目的語
プランE 30,001~50,000 600,000円 ネット証券、引越し見積り
プランF 50,001以上 別途お見積り 不動産、自動車保険、結婚、通販
  • 01

    SEOキーワード選定

    業種特性・業態特性・商品・サービス・エリア性等の様々な要素から効果的なキーワードを導き出します。
    このキーワード開発が検索サイトでの上位表示の「柱」となります。
    検索キーワードは、メインキーワードとサブキーワードの組合せをどのようにどれだけするのかで結果に大きな差がでます。

    たとえば、都内にしかサービスを提供できない住宅販売業者さまが「住宅」というキーワードと「東京 住宅」というキーワードで上げるのとではどちらが費用対効果があるでしょうか? 「住宅」というキーワードで上位に表示するに越したことはありませんが、このような単体のキーワードですと、当然SEO難易度が高い=ご利用料金が高くなってしまいます。しかも沖縄で住宅を探している人も北海道で住宅を探している人も検索するキーワードですので、成約率も下がってしまいます。つまり費用対効果が(ブランディングは別として)低いのです。
    これに対し「東京 住宅」というキーワードで検索するのはほとんどが都内で住宅を探している方です。だから都内でしかサービスを提供できない住宅販売業者様はこのキーワードで順位を上げたほうが当然費用対効果は高くなります。

    SE0キーワード選定