東京 ホームページ作成・Web制作会社シスコムノートマーケティング動画マーケティングの目的&効果とは?メリット・デメリットと活用事例
NOTE

ユーザーの印象に残る動画マーケティング動画マーケティングの目的&効果とは?メリット・デメリットと活用事例

目次

    多くの人の目に触れやすく、情報のインプットが容易な動画マーケティング。ビデオコンテンツを活用する人の割合が増加傾向にある現在、動画コンテンツを活用したマーケティング手法は、さまざまな企業が注目をしています。

    今回は、そんな動画マーケティングの目的や効果、メリット・デメリットなどについて解説いたします。今後、動画マーケティングを取り入れることを考えている担当者の方は必見です。

    動画マーケティングとは?

    動画コンテンツを通して、商品の魅力等をインターネット上で顧客に伝える手法を「動画マーケティング」と呼びます。短い時間で多くの情報を、分かりやすく顧客に伝えることができる手段として、さまざまな企業が活用しています。

    動画マーケティングの目的

    動画マーケティングを活用する目的として、顧客に自社のサービスや商品を広く認知してもらうという点があります。
    コンセプトや事例の紹介時には、テキストよりも動画を通じての方が顧客に伝わりやすいことがあります。こういった背景やオンラインビデオ・SNSの普及に伴い、効率的に自社の商品をアピールできる動画マーケティングが有効とされているのです。

    また、自社のサービス・商品に親しみを感じてもらうという目的もあげられます。
    動画はサービスに対するの理解が容易かつ、短時間で正確に伝わるため、多くの人から関心を集めることが可能です。特にInstagramやTwitterといったSNSの利用者は年々増えており、さまざまな人の目に止まりやすくなります。自社のコンテンツがよく人々の目につくことで、親しみをもってもらうことにもつながります。

    動画マーケティングの効果

    動画マーケティングで狙える効果には、以下のようなものがあります。

    ・自社サービス・商品の認知拡大
    ・自社サービス・商品の直接販売
    ・企業やブランドのイメージ向上
    ・企業やブランドへのロイヤリティ向上
    ・キャンペーン効果

    動画マーケティングは、特定の場所でしか観ることのできない紙媒体での広告や、一瞬しか視聴できないテレビCMなどと異なり、どこでも誰でも簡単に閲覧することができます。その上、自社のサービスや商品について詳細に伝えることができるため、顧客への具体的な検討につながりやすくなります。

    動画マーケティングのメリット・デメリット

    では、動画マーケティングにどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。詳しく解説いたします。

    動画マーケティングのメリット

    動画マーケティングは、テキストよりも自社サービスや商品の魅力を明確にアピールできます。動画では、インパクトのある映像や耳に残る効果音を使用することができるため、予備知識や読解力が必要とされる難しい情報でも、動画を通すことで伝わりやすくなるのです。文章に画像を加え説明するよりも、はるかに多くの情報を顧客に伝えられるでしょう。

    また、動画で伝える内容はテキストよりも分かりやすく、顧客の印象に残りやすくなります。インパクトのある演出で自由に表現することができるだけでなく、子どもやシニア層、外国人にもアピールすることができるでしょう。

    動画マーケティングのデメリット

    社内に動画作成に精通している人材がいない場合、クオリティの高い画像制作のためにコストをかけ外注することがあります。この場合、莫大なコストと時間がかかることがあります。
    また動画マーケティングはテキストとは異なり、公開した動画を容易に修正できません。公開後に修正が発覚することのないよう、他社に制作を依頼するというパターンも多いでしょう。

    他にも、顧客の閲覧環境によって動画で伝えられる情報量が変動します。例えば顧客が無音状態で閲覧している場合、ナレーションやBGMによる情報は伝わらなくなります。動画は映像と音声が組み合わさって成り立つコンテンツのため、十分な閲覧環境が整っていない場合、本来の効果を発揮できないことがあるのです。

    活用事例

    以下では、動画マーケティングの実際の活用事例をご紹介します。

    事例1 株式会社LIXIL【なるほど1ミニッツ】


    「快適な暮らし」のヒントを、1分ほどで簡単に紹介する動画マーケティングの活用事例です。短時間でサッと視聴できるため、顧客の手間を取らないのが特徴。1分間で内容の理解がしやすく、閲覧数も向上しやすいため、企業の認知度を高めるのに効果的な手法であるといえます。

    事例2 ペット&ファミリー損害保険株式会社【サービス内容訴求動画】

    自社のサービスを、アニメーションを使って紹介する動画マーケティングです。サービスの紹介をしつつも、動物たちのかわいらしい映像も多く挿入されているため、年齢層問わず親近感のある動画に仕上がっています。イメージ理解が早い段階で行われるので、サービスの重要性や必要性をしっかりと抱かせることができます。

    事例3 株式会社LIXIL【すまいる制度】

    新制度の浸透を目的として制作された、社員限定の動画です。実際の社員をキャスティングし、ツールの使い方を説明しています。登場人物を自社の社員にすることで、企業に親しみやすさを感じてもらえやすくなるでしょう。

    今後動画の重要性

    動画は「印象に残る」「情報提供」を効率的に行えるコンテンツ。ターゲットを問わず不特定多数の人々に発信できるため、有効的な効果を得ることができます。年齢層問わず有効的な動画マーケティングは、今後の広告業界において重要になるでしょう。

    SNSやスマートフォン、オンラインビデオが身近となった現代では、動画広告を見る機会が増えてきたことでしょう。日本だけではなく、海外でも多くの注目を集めている動画広告の需要は、今後高まり続けると予想できます。

    良いコンテンツは感情に訴えかけ、誰かに共有したいという心を生み出します。実績のあるプロや経験者の協力を得て、動画制作に力を注ぐと、予想外の反響があるかもしれません。日本を含め、海外でも動画を使用した広告が増加しています。動画マーケティングの重要性は、今後も高まっていくことでしょう。

    まとめ

    動画マーケティングとは、動画コンテンツを適切に制作し、商品イメージや情報などを効率的に伝える手法です。メリットと同時にデメリットを深く理解することで、より集客に効果的な動画を作成できるといえます。また、制作のポイントをしっかり把握し、成果のある動画をリサーチする必要があるでしょう。
    シスコムでは、動画マーケティングに関するご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

    ご相談・お問い合わせはこちらから

    TEL 03-6278-7703

    お問い合わせフォーム