東京 ホームページ作成・Web制作会社シスコムノートWeb制作集客できるサイトにリニューアルする4つの必須ステップ!
NOTE
2020.10.28Web制作

分析から制作会社に依頼するまでの流れ集客できるサイトにリニューアルする4つの必須ステップ!

目次

    自社サイトを運用するものの、思ったような結果が出せずにお悩みの担当者の方は多いのではないでしょうか。近年ではwebサイトへの集客が複雑化しており、正しい知識と経験がなければ、結果を出すのは難しいとされています。

    そこで本記事では、集客できるwebサイトにリニューアルするための4つのステップを解説します。

    重要な4ステップとは

    重要な4ステップとは

    自社サイトをリニューアルする際、いくつかのステップがありますが、特に重要なステップとして下記の4ステップが挙げられます。

    ・【ステップ1】現在の自社サイト分析
    ・【ステップ2】ゴール設定
    ・【ステップ3】制作会社を選定する
    ・【ステップ4】制作会社へ依頼する

    それぞれの具体的な進め方について、次項から解説します。

    【ステップ1】現在の自社サイト分析

    【ステップ1】現在の自社サイト分析

    まずはじめに重要なのは自社サイトの分析です。集客できるようになるには、自社の強みと弱みを正確に把握する必要があります。下記で詳しく見ていきましょう。

    ユーザーに役立つwebサイトが大前提

    自社サイト分析を行う前の大前提として、webサイトの目的を理解しましょう。webサイトは、自社の最新情報や商品・サービスの情報を掲載することで、お客様に深く知ってもう目的があります。そのためには定期的に更新し、信頼性のあるwebサイトだと認めてもらう必要があるでしょう。

    お客様の満足度が高ければwebサイトの評価も高まり、検索エンジンの評価も高まります。結果的に販売促進にもつながり、企業側としても大きな利点となります。

    ただwebサイトが何らかの事情で十分に機能していない場合、これらと真逆のことが起きます。つまり信頼性のあるwebサイトと認めてもらえず、検索エンジンの評価も下がってしまうのです。これらを解消するために、webサイトのリニューアルは必要不可欠です。

    webサイトの課題を分析しよう

    では実際に分析する方法を見ていきましょう。

    ・自分で分析
    まずは自分で分析します。文字の大きさや表示スピード、コンテンツへの経路などがユーザーにとって使いやすいものであるのかチェックします。細かなことでも挙げていくことが重要です。

    ・ほかの社員に聞く
    一通り自分で分析したら、ほかの社員にヒアリングしてみることもおすすめ。例えば営業部や総務部の目線での評価を聞くことで、Web担当者では見つからなかった課題が見つかることもあります。

    ・数字をもとに競合サイトや他業界のwebサイトを分析
    数字を用いて分析することも重要。アクセス数や滞在時間、離脱率などを測定し、各webサイトの課題を洗い出しましょう。さらに他webサイトと比べて何が問題なのかを分析することで、自社サイトの課題が見えてきます。

    ・分析ツールはグーグルアナリティクスのほか、SimilarWebもある
    分析するツールはGoogleが提供するグーグルアナリティクスが代表的ですが、SimilarWeb (シミラーウェブ)もおすすめ。SimilarWebは、URLを記入するだけでwebサイトのアクセス状況を分析できるマーケティングツールです。
    グーグルアナリティクスは自社サイトの分析に適していますが、SimilarWebは競合サイトの分析に特に優れています。無料版でも豊富な機能を利用できるため、まずは試運転として利用してみても良いでしょう。

    リニューアルのタイミングと注意点

    リニューアルのタイミングは主に3つ。webサイトの効果が芳しくないとき、運営者のモチベーションが上がらないとき、担当者が違和感を感じているとき、です。効果が出ていないときは当然ですが、モチベーションや違和感も重要です。webサイトに対する思い入れがなければ良いwebサイトにしていこうという気持ちが起きませんし、担当者が感じた違和感は必ずユーザーに伝わります。少しの変化に気づけるようになりましょう。

    リニューアルの注意点は、リニューアル後の分析が行われていない、デザインなど表面的なものにとらわれて、内部設計(コンテンツや導線)がよくなっていないなどが挙げられます。
    さらに後述するように、ゴールが明確でない点や適切な制作会社選びができていないなどのも問題点もあります。

    【ステップ2】ゴール設定

    【ステップ2】ゴール設定

    次にゴール設定です。下記のような手順で実際の依頼までのルートをたどりましょう。

    ①リニューアルの目的を明確にする

    リニューアルを行うにあたり、もっとも重要といえるのが目的設定です。目的なく取り組むことは出口のないゴールに向かって努力するようなもので、良い結果を得ることは難しいでしょう。アクセス数を上げたいのか、集客に繋げたいのか、採用に繋げたいのか明確にしたうえで、後述する具体的な数値目標を掲げることが大切です。

    今回は集客なので、具体的にはwebサイト経由での売り上げアップや問い合わせ件数アップが目的として挙げられます。

    ②リニューアルで目指すべき数字を明確にする

    目的と一緒に設定したいのが数値目標です。Webマーケティングの世界は、結果が数字で表れます。そのため具体的な数値目標を設定することは効果を測定するうえで効果的です。

    集客を目的とする場合、webサイトの訪問者数やアクセス数、webサイト経由での問い合わせ件数などが挙げられます。

    当然各企業の目的から、どの数字を重視したいのか変わってきます。自社の目指すところから逆算した数値目標を掲げましょう。

    ③具体的な予算や時期、間隔や期間などを定める

    webサイトをリニューアルするにあたり、予算やスケジュール感を明確にすることも重要です。これらをなんとなく決めると、目的とする結果が出ない可能性があります。

    まずリニューアルにいくら投資するのか、時期はどうするのか、期間はどの程度か、といった点は最低限決めましょう。こうすることで、のちに紹介する制作会社に依頼する際にもスムーズに進みます。

    なおゴール設定にはSimilarWebを活用するのがおすすめ。前項でも少しふれたように、SimilarWebはアクセス解析や検索キーワードの調査など、競合サイトのアクセス情報を適切に把握できます。これらを活用して自社サイトの目的設定に活かしましょう。

    webサイト作成で必ず抑えたい3つのポイントについては、こちらの記事にて詳しくご紹介しています。

    【ステップ3】制作会社を選定する

    【ステップ3】制作会社を選定する

    実際に制作会社を選定する際のチェックポイントを解説します。下記の項目を見て判断しましょう。

    目的や目標を確認してくれるか

    Webサイトのリニューアルにおいて、目的や目標が重要なのは前述のとおり。目的が異なれば大きく異なるサイト設計になります。こうした中で、事前に目的や目標を詳しく確認してくれるか否かはチェックしたいポイントです。

    webサイトの特徴を挙げたうえで、どのような施策が可能か提案してくれるような制作会社を選ぶようにしましょう。

    SEOに対する知見

    近年ではSNSなどからの流入も増えてきたものの、いまだに多くを占めるのがSEOからの流入です。SEOとは検索エンジン最適化のことで、簡単にいえば検索エンジンで上位にあげる技術のこと。SEOに関する知見がなければ、webサイトをリニューアルしても十分な効果を得られない可能性が高くなります。

    SEOコンサルなども行っている制作会社を選びましょう。

    セキュリティ対策

    企業のwebサイトではセキュリティ対策もより重要です。サイバー攻撃などで個人情報が流出すれば、顧客からの信頼が落ちてしまいます。どのようなセキュリティ対策を講じているのかもチェックすべきポイントです。

    アフターフォロー

    webサイトは構築して終わりではなく、その後のアクセス解析やちょっとした設計変更などリニューアル後にも行うべきことは多くあります。制作会社が中長期的に関わってくれれば心強いでしょう。そうした意味で、アフターフォローが充実している会社を選ぶことも忘れてはなりません。

    【ステップ4】制作会社へ依頼する

    【ステップ4】制作会社へ依頼する

    ここでは、制作会社に依頼する際に用意すべきものを解説します。必要なものは事前に準備することで、スムーズな依頼が可能となります。

    ①RFPを準備する

    制作会社に依頼するためのRFP(提案依頼書)を準備しましょう。ここにはリニューアルに向けた検討すべき要素がまとめっており、体系的に依頼内容がわかります。

    ②業者選定シート

    制作会社を選定する際は、複数の会社から1社を選ぶケースが多いでしょう。ここで役立つのが業者選定シートです。提案内容や費用などを記されており、同じ基準で比較しつつ選定することができます。

    ③管理情報をまとめた資料

    webサイトのドメイン情報やWebサーバー、SSL証明書、セキュリティ対策情報などは担当者が管理する必要があります。これらを適切に伝えなければ、制作会社に依頼できません。あらかじめまとめておきましょう。

    ④サイトマップ

    webサイトの大枠をまとめたサイトマップ。これによりどのようなページがどの程度あるのかを確認することができます。制作会社に依頼する際には活用できます。

    他にもWeb制作会社に依頼する際のポイントについては、こちらの記事にて詳しく解説してます。

    まとめ

    集客できる自社サイトへリニューアルするためのステップを解説しました。細分化すれば多くあるものの、簡単にまとめれば上記の通りなので、この流れで依頼すれば大きく間違えることはありません。webサイトを効果的に活用し、集客に役立てたいものです。

    シスコムでは集客できるwebサイトへのリニューアルに関するサポートを行っております。お気軽にお問い合わせくださいませ。

    ご相談・お問い合わせはこちらから

    TEL 03-6278-7703

    お問い合わせフォーム