東京 ホームページ作成・Web制作会社シスコムノートコンテンツマーケティングのメリットとは?
NOTE

戦略的なコンテンツ発信で、集客効果を最大化コンテンツマーケティングのメリットとは?

目次

    コンテンツマーケティングとは、自社の商品・サービスを広めるだけでなく、ユーザーに価値のあるコンテンツを提供し続けることで、自社の商品・サービスのファンを獲得する魅力的な施策です。

    求めている成果を得るには、一定の時間や費用はかかるものの、うまく活用すれば多くのメリットが受けられます。ユーザーをファン化して、安定したWeb集客を図るためにも欠かせないマーケティング手法といえるでしょう。

    本記事ではコンテンツマーケティングの具体的なメリットとデメリットを解説し、そしてよくある疑問についてお答えしていきます。

    無料相談
    無料相談

    コンテンツマーケティングのメリット

    コンテンツマーケティングを実施することで、どのようなメリットを得られるのでしょうか。
    主なメリットには下記の5つが挙げられます。

    ・始めることに対するハードルが比較的低い
    ・広告とは異なりコンテンツが資産として蓄積する
    ・顕在顧客だけではなく、潜在顧客にもアプローチできる
    ・他マーケティング資産(SNS)なども効果的に活用できる
    ・コンテンツの上位表示などにより会社・製品のブランディングにもなる

    それぞれ詳しく解説します。

    始めることに対するハードルが比較的低い

    コンテンツマーケティングは、施策の導入・運用にかかるコストが低いため、他の施策と比べて実行しやすいというメリットがあります。一般的なWeb広告では、媒体ごとに広告費が発生するため、より高い成果を狙うには数十万~数百万のコストが発生するケースも少なくありません。

    その点、コンテンツマーケティングに必要なのは、情報を発信する場所と良質なコンテンツのみです。オウンドメディアや自社ブログ、メールマガジンを通じてコンテンツを発信するため、サイト制作やサーバの構築といった初期費用だけで済みます。

    ターゲティングやペルソナ設計、キーワード選定などといった初期設定に加え、運用に人的コストはかかりますが、それでもWeb広告と比べると予算を抑えられるため、導入のハードルが低いといえるでしょう。
    自社の商品・サービスがどのようなユーザーに価値があるのか、ニーズや課題に応じて有益な情報を発信していきましょう。

    広告とは異なりコンテンツが資産として蓄積する

    インターネットにおける各種広告は、即時に効果を得やすいというメリットがある反面、その効果を長続きさせるためには多額の費用が必要です。コンテンツマーケティングであれば、一度発信したコンテンツはインターネット上に残り続けるため、企業の資産として蓄積されます。

    また、コンテンツがユーザーに評価され、有益かつ高品質と見なされれば、検索エンジンで上位表示を狙うことも可能です。広告費などのコストをかけず、安定した集客を狙えることは大きなメリットといえるでしょう。効果を得るまでに一定の時間こそ必要ですが、継続して高品質なコンテンツを提供し続けると、企業にとって大きな成果につながるはずです。

    顕在顧客だけではなく、潜在顧客にもアプローチできる

    コンテンツマーケティングは、顕在顧客のみならず、潜在顧客に対してもアプローチできます。顕在顧客とは、すでに自社の商品・サービスを認知していて、興味関心を持っている顧客のことです。
    対して潜在顧客とは、まだ自社を知らないが、将来的に顧客となる可能性の高いユーザー層のことをいいます。

    コンテンツを通して自社商品・サービスのターゲットに有益な情報、悩みや課題を解消するノウハウなどを発信していくことで、興味関心の高い潜在顧客にピンポイントで訴求できるというメリットがあります。ユーザーの共感や支持を集めることができれば、将来的に顧客になってもらえる可能性も高まるでしょう。このように、見込み顧客を育成して、購買やリピーターにつなげられるのも、コンテンツマーケティングの魅力です。

    他マーケティング資産(SNS)なども効果的に活用できる

    Webマーケティングには、オウンドメディアの活用やSNSでの発信、広告などのさまざまな施策があります。なかでもコンテンツマーケティングは、SNSをはじめとするソーシャルメディアと連携することで、より強い効果を発揮できるというメリットがあります。

    というのも、TwitterやInstagramなどのSNSは、「シェアやリツイートで拡散されやすい」「企業とユーザー間でコミュニケーションを取りやすい」という性質があります。

    自社が発信したコンテンツが、たちまちSNS上で広がれば、商品・サービスの認知を拡大できるうえ、多くのユーザーと接点を持つことができます。興味を持ったユーザーから他のユーザーへと情報を宣伝してもらえるため、商材アプローチの大きな武器となるに違いありません。コンテンツマーケティングの効果を最大化させるための手段として、ソーシャルメディアの活用も視野に入れましょう。

    コンテンツの上位表示などにより会社・製品のブランディングにもなる

    良質なコンテンツを継続的に発信し続けることで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンから評価を得られるようになります。自社メディアのコンテンツが検索エンジンで上位表示されていれば、ユーザーから認知されやすくなるほか、信頼にもつながります。

    「いつもユーザーに有益となる情報を提供してくれる」「信頼できる会社だ」と認識されることで、会社や製品のブランディングにつながるでしょう。

    例えば、あなたが英語の学習サービスを使いたいとします。検索エンジンで「英語 学習」のキーワードで検索したとき、特定の企業が多く上位表示されていればどう感じるでしょうか。おそらく「〇〇社は英語の学習分野で権威がある」と思うはずです。こうしたブランディング効果が得られる点も、コンテンツマーケティングの強みです。

    コンテンツマーケティングのデメリット

    メリットだけでみると魅力的なコンテンツマーケティングですが、当然デメリットも存在します。主なデメリットには下記が挙げられます。

    ・コンテンツを継続的に情報発信していくためのリソースが必要
    ・効果を実感するまでに一定の時間がかかる

    どういったデメリットがあるのか、詳しく内容を解説します。

    コンテンツを継続的に情報発信していくためのリソースが必要

    コンテンツマーケティングで効果を得るためには、質の高い記事を継続的に発信していくことが前提です。単に発信するだけとなれば簡単なように感じますが、良質なものを継続的に更新し続けるのは簡単ではありません。

    「継続的に更新し続けるリソースがない」「コンテンツの質がユーザーに支持されない」という場合は、十分な効果を得ることは難しくなります。企業側からみて良質なコンテンツを思っていても、ユーザーに支持されなければ意味がありません。

    ユーザーが求めているコンテンツを把握し、求めているものを満たしていくコンテンツが必要。ほかの業務と兼任している場合はさらにハードルが高いと言えるでしょう。

    コンテンツマーケティングをうまく活用するには、質の高いコンテンツを継続的に更新できる体制づくりが不可欠といえるでしょう。社内でリソースの確保が難しい場合、コンテンツ制作・運用をアウトソースすることも手段のひとつです。

    効果を実感するまでに一定の時間がかかる

    短期間で効果が得られないことも、コンテンツマーケティングのデメリットといえます。コンテンツマーケティングは、良質なコンテンツを継続的に発信して、ユーザーとの関係性を構築していく施策です。ユーザーニーズを満たすコンテンツを発信したとしても、すぐにユーザーから信頼を得ることはできず、検索結果で上位表示されるにも時間がかかります。

    安定した効果を得るまでには、集客から見込み顧客の育成、ファン化へと定着させるプロセスが必要です。短期で結果を残そうとするのではなく、中長期的な視点で戦略的に実施することが必要といえるでしょう。

    「自社のみで継続的なコンテンツ発信が難しい」「現在の記事でなかなか成果が出ない」とお悩みの方は、シスコムまでご相談ください。
    無料相談では、お客様の課題やお悩みをお伺いし、成果に対し最善なご提案をいたします。
    これまで、20年以上に渡る豊富な知見をもとに、成果がでるWeb制作・運用を行っていますので、お気軽に、ご相談ください。

    コンテンツマーケティングを始めるにあたりよくある質問

    コンテンツマーケティング運用に関して、「費用はどれくらいかかる?」「どれくらいのスケジュールが必要?」など、さまざまな疑問があると思います。ここでは、Webマーケティング担当者からお伺いするよくある質問をまとめました。

    コンテンツマーケティングの効果実感にかかる時間はどのくらい?

    デメリットでも述べたように、コンテンツマーケティングには一定の時間が必要です。効果が現れるまで最低でも3〜6ヶ月ほどかかるうえ、ユーザーとの信頼関係を構築をするには、最低18ヶ月必要だという声もあります。

    コンテンツマーケティングは、良質なコンテンツを継続的に発信することで、ユーザーや検索エンジンから評価を得ることが目的です。一朝一夕にできるものではないことを心得たうえで、ユーザーから選ばれる質の高いコンテンツ制作を実施しましょう。

    コンテンツマーケティングにかかる費用は月どのくらい?

    オウンドメディアなど、情報発信のための環境を自社で整備する場合は、数万円~10万円程の予算でコンテンツマーケティングを実施できることがあります。

    記事制作やアクセス解析、CMSの設置などをアウトソースする場合は、10万円~50万円が費用相場となります。コンテンツの内容や本数などによっても変わるため、依頼範囲を明確にしておくことが重要です。

    また、メディアの構築から記事制作、改善支援など運用をすべて任せる場合には、50万円以上の費用が発生するケースも珍しくありません。外注費用をできるだけ抑えたい場合は、「メディアの立ち上げやプランニングは自社で行う」「記事制作だけを外注する」など、運用の段階に応じて依頼する範囲を限定するという方法もあります。

    コンテンツマーケティングにSNSの活用は必須?

    コンテンツマーケティングにSNSは必ずしも必要というわけではありませんが、SNSを活用することで加速度的にメディアを伸ばしていくことが可能です。

    コンテンツマーケティングがコンテンツを蓄積するストック型の施策であるのに対して、SNSでのコンテンツは「ストック型」「フロー型」の両方があります。タイムラインなどリアルタイムに情報が流れるフロー型は、コンテンツとしての資産にはなりにくい特徴があります。

    とはいえ、SNSは今や多くの人々に活用されています。そのため、「商材の認知度を高め」「集客の幅を広げる」には魅力的なツールといえます。ユーザーとの信頼関係を構築する際に、接触機会が多いSNSのほうが有利という見方もあるため、コンテンツマーケティングの効果を後押しするためにも、SNSの活用が望まれます。

    集客や売上につなげるコンテンツマーケティングとSNS運用にお困りの方は、お気軽にシスコムまでご相談ください。シスコムの無料相談では、お客様の課題やお悩みをお伺いし、成果に対し最善なご提案をいたします。

    コンテンツマーケティングの効果を最大化させるためにできること

    コンテンツマーケティングの効果を最大化するポイントには、以下の3つが挙げられます。
    ただ闇雲にコンテンツを発信し続けるだけでなく、以下の施策を取り入れてみましょう。

    サイトの内部SEOを済ませておく

    SEOには大きく分けて内部SEOと外部SEOがあります。
    内部SEOとは、検索エンジンを最適化するために、サイト内部構造から、タイトルタグや見出しタグなどのタギングを整えることをいいます。(外部SEOとは、主に外部サイトからのテーマに関連する質の高い被リンクを得る施策です。)

    Googleなどの検索エンジンの評価基準や条件をもとに、Webサイト内部の構造修正や各種設定を行うことで、キーワードやトップページ以外のページからも情報が収集され、検索エンジンから適切に評価されやすくなります。SEOからの集客を大きく改善できる効果が期待できます。

    運用体制を社内で構築しておく

    コンテンツマーケティングを本格的に運用する前に、各担当者と具体的な役割を決めておく必要があります。運用体制が決まっていないままスタートすると、「コンテンツの品質にバラつきがある」「更新頻度が低く、改善・修正の時間も取れない」といった事態を招く可能性も考えられます。

    コンテンツ制作は誰が行うのか、アクセス解析はどのタイミングで誰が行うのか、外部とのやり取りは誰が行うのかなど、社内の運用体制を整えておきましょう。

    目的・目標との差分を月次で観測し改善していく

    集客力を高めるには、単にコンテンツを発信するだけで良いというわけではありません。事前に目的やゴールを定めるとともに、定期的な効果検証や分析を行い、修正改善を繰り返していくことで、よりよいものを生み出すことができます。

    まずは毎月の目標を設定したうえで、具体的な行動指針を設定しましょう。そして、月次で結果測定を実施してどのような結果が得られたか、当時の目標と比較します。思うように効果が無かった箇所は修正し、不足している要素を改善していくことで、より集客につながる効果的なコンテンツ発信が可能になります。

    コンテンツマーケティングの恩恵を受けるために戦略的に運用を始めよう

    コンテンツマーケティングは、短期で効果を得るのが難しい反面、有益なコンテンツを提供し続けることで、ユーザーとの信頼性構築や検索結果の上位表示が狙えるといったメリットがあります。提供したコンテンツは自社の経営資産として永久的に残るため、コストが無駄にならないという魅力もあります。

    ただし、コンテンツマーケティングを成功させるためには、質の高いコンテンツを継続して更新することが重要です。社内で運用体制を整えるとともに、自社でリソースを補えない場合にはアウトソースすることも検討しましょう。

    また、コンテンツマーケティングの効果を最大化できるよう、長期的な視点で目標を設定するとともに、効果検証や改善を繰り返してPCDAサイクルを回しましょう。

    シスコムでは、お客様とともにお客様の課題に、真に寄り添ったご提案が可能です。
    無料相談では、お客様の課題やお悩みをお伺いし、成果に対し最善なご提案をいたします。
    これまで、20年以上に渡る豊富な知見をもとに、成果がでるWeb制作・運用を行っていますので、お気軽に、ご相談ください。

    ご相談・お問い合わせはこちらから

    TEL 03-6278-7703

    ご相談・お問い合わせ