東京 ホームページ作成・Web制作会社シスコムノートGA解析Web解析現場から伝えるGA4 -レポートとデータの出し方編-(Google Analytics 4)
NOTE
2021.02.26 GA解析

Google Analyticsが大幅リニューアル!Web解析現場から伝えるGA4 -レポートとデータの出し方編-(Google Analytics 4)

目次

    旧Googleアナリティクスから大きな変化を遂げた「Google Analytics4(GA4)」。
    これまではセッションを中心とした「ページ単位」の計測が用いられていましたが、GA4ではユーザー(顧客)単位に変更され、計測方法にも「イベント」が用いられています。

    従来では解析しづらかった「ユーザー行動」を正しく理解できるため、より強力なWebマーケティング戦略に役立てられるでしょう。

    しかし、GA4ではこれまでと違った目線での計測が必要になるほか、設定方法や数値の見方などが異なります。GA4を用いて効果的なWeb解析ができるよう、仕組みや設定方法を理解しておくことが重要です。

    本記事では、GA4における「レポートとデータの出し方」について解析します。旧アナリティクスとの変更点も踏まえながら、具体的な手順を説明していきます。
    無料相談
    無料相談

    GA4におけるレポートの変更点

    Analytics

    GA4より、レポートの表示が大幅にリニューアルされています。
    旧Googleアナリティクスでは、セッション単位のレポートが表示されており、KGIやKPIに関わるデータを 「カスタムレポート」で確認する方法が一般的でした。

    しかし、GA4にはカスタムレポートやビューがありません。「イベント単位」でデータを見るようになったことから、レポート構成も変更されています。
    GA4の標準レポートは、以下のような構成となっています。

    GA4のレポート構成
    集客 メディアや広告、キャンペーンなどの流入元データ
    エンゲージメント イベント数やユーザー数、ページやスクリーンごとの表示回数、コンバージョン数などのデータ
    収益化 カートの追加数、購入数などの収益データ
    維持率 リピート数やユーザーエンゲージメントなどのデータ
    ユーザー属性 年齢、性別、地域などの属性データ
    テクノロジー ブラウザやデバイス、プラットフォームなどのデータ
    コンバージョン コンバージョンを設定したイベントのデータ
    すべてのイベント 計測しているイベントすべての詳細データ
    分析 ユーザー属性や繊維経路などの分析データ

    ※旧GAにカスタムレポートのあたる機能

    旧GAでは、「ビュー」が集計レポートの役割を担っていましたが、GA4にはビューにあたる機能やカスタムレポートが存在しません。

    新しいGA4では、カスタムレポートが作成できないため、ユーザーを深堀するには、データポータルやTableauなどのBIツール(社内で蓄積されたデータを収集・分析し、意思決定をサポートするツール)を活用する必要があります。

    というのも、GA4には旧カスタムレポートに代わる「分析レポート」が存在しますが、定点的に各種数値を確認することはできません。より本格的に解析するには、BIツールに接続して自社に最適なレポートを作成する必要があるでしょう。

    BIツールを活用したレポートの作り方

    Googleが提供する無料のBIツールに「Googleデータポータル」があります。
    GA4では、Googleデータポータルを標準のデータソースとして取り込むことが可能です。
    具体的な手順は以下のとおりです。

    1. Googleデータポータルにログインする
    Googleデータポータルにログイン

    2. 画面左上の[+]をクリックし、[データソース]を選択する
    [データソース]を選択

    3. アナリティクス コネクタを選択する
    アナリティクス コネクタを選択

    4. アカウントへのアクセスの許可が求められたら、[承認]を選択する
    5. アカウントを選択後、プロパティを選択する
    6. 画面右上の[接続]をクリックすると、フィールドパネルが表示され、データセットに接続します。
    プロパティを選択、画面右上の[接続]をクリック

    GoogleデータポータルをGA4のデータソースとして接続することで、「フォールドパネル」が表示されます。ここでは、フィールドの変更や追加、データソースの設定などが可能になります。

    分析ハブの使い方

    SEO Search

    GA4の「分析」は、旧GAのカスタムレポートに代わる機能となっています。基本的な内容は「分析」を使用せずともダッシュボードから分析・比較できますが、その他の指標や各レポートをまとめたい場合には、「分析」のなかの機能「分析ハブ」を活用しましょう。

    分析ハブでは、ユーザーのページ遷移や経路、行動、思考など、より詳細な動向を計測したいときに適しています。ここでは、分析ハブの使い方について解説します。

    まずは、「分析」のナビゲーション欄から「分析ハブ」選択します。
    分析レポート

    新たに「空白」から作成する方法のほか、テンプレートギャラリーから作成する方法があります。ここでは、「空白」での使い方解説します。
    「空白」から作成

    ①変数の設定を行う

    変数の設定には、以下の5つの項目を設定できます。

    ・分析名
    ・カスタム
    ・セグメント
    ・ディメンション

    どのようなレポートを作成するかによって項目を選びます。
    変数の設定

    ②タブの設定を行う

    次に「タブの設定」を行います。主な設定項目は、以下の7つとなります。

    ・手法
    ・ビジュアリゼーション
    ・セグメントの比較
    ・行
    ・列
    ・値
    ・フィルタ

    ①で設定したディメンションと、指標の組み合わせを設定します。
    タブの設定

    ③ページの追加

    基本的なレポート作成は手順②までで完了します。
    ページをさらに追加したい場合は、「+」をクリックして追加しましょう。
    ページの追加

    GA4のコンバージョン設定方法

    website analytics

    次に、GA4のコンバージョンの設定方法について解説します。
    計測には「イベント」と「パラメータ」の2つを活用します。

    ①コンバージョン計測のためのイベントを作成する

    GA4のナビゲーションより、以下の設定を行います。

    1. [イベント]を選択し、画面右上の[イベント作成]をクリックする
     [すべてのイベント]を選択、[イベント作成]をクリック

    2. [作成]を選択すると、設定画面が表示される
    [作成]を選択

    3. [カスタムイベント名]を入力する (英語名:Custom event name)
    4. [一致する条件]を入力する (英語名:Matching conditions)
    5. 任意で[パラメータ]設定を行う (英語名:Parameter configuration)
    6. 画面右上の[作成]をクリックする
    イベントを作成
    ※画像は英語表記

    7. 旧GAの場合、パラメータの指定は不要でしたが、ここではどのパラメータがどのデータを収集しているのか理解するために設定する必要があります。名称を変更したい場合は、[修正を追加]から設定できます

    ②作成したイベントをコンバージョンに設定する

    ①で作成したイベントは、作成してすぐは反映されない場合があります。表示まで30分~1時間ほど時間がかかることがあります。

    以下の手順でコンバージョンを設定します。

    1. [全てのイベント]に①で作成したイベントが表示されるのを待つ
    2. 画面右側の[コンバージョンとしてマークを付ける]を選択する
    [コンバージョンとしてマークを付ける]を選択

    これで、イベントのコンバージョン設定が完了します。

    GA4のアクセス分析方法

    Search engine concept

    GA4では、「分析ハブ」を用いることでユーザーのアクセス分析が可能です。
    ここでは、2つの視点からユーザーの分析手法をご紹介します。

    ①経路の分析

    ユーザーの行動経路を詳しく分析できます。
    「ユーザー属性」や「テクノロジー」などのセグメントを追加すると、どのデバイスからアクセスがあるのか分析することも可能です。

    1. 画面左側のメニューより[分析]を選択する
    2. [分析ハブ]をクリックする
    3. [経路の分析]をクリックする
    経路の分析

    年齢や性別といったユーザー属性だけでなく、デバイスの種類やブランド、プラットフォームなど、流入元のユーザー情報を確認できます。ユーザー動向が売上に直接結びつくECサイトなどの分析にも効果的です。

    ②各ユーザーの行動分析

    ユーザーそれぞれの詳細な行動を調べたい場合は、「ユーザーエクスプローラ」が便利です。これまでは、「どの人が何のページを見たか」といった個々の行動を分析できるレポートはありませんでした。

    新しくなったGA4では、ユーザーごとのアクションを見ることができ、どのような行動を取っているのかを可視化できます。

    1. 画面左側のメニューより[分析]を選択する
    2. [分析ハブ]をクリックする
    3. 必要な分析データの[ユーザーエクスプローラー]を選択する
    各ユーザーの行動分析

    Cookie内に保存されている固有のIDによって、個々のユーザーを識別できます。この機能を活用することで、訪問回数が多いユーザーを把握したり、検討度合が高まったユーザーを分析したりできるようになります。

    ユーザ属性の表示方法

    Web analytics concept

    GA4では、デフォルトで「ユーザー属性」が表示されません。
    ユーザー属性を表示するには、以下の手順で設定を行いましょう。

    1. 画面左側のメニューより[管理]を選択する
    2. [データ設定]の中の[データ収集]を選択する
    [管理]を選択、 [データ設定]の中の[データ収集]を選択

    3. [Google シグナルのデータ収集を有効にする]をオンにする
     [Google シグナルのデータ収集を有効にする]をオン

    「Google シグナルのデータ収集を有効にする」をオンにする際、ユーザーにその旨を伝え、承諾を得る必要があります。オンにすると、「このサイトはCookieでユーザーの情報を収集する」などといった内容がユーザー画面に表示されます。

    まとめ

    新しいGA4は、分析ハブなどの新機能により、高度なユーザー分析が可能です。ユーザー単位の流入経路や動向、属性などを細かく計測できるため、Web施策の改善に大いに役立てられるでしょう。

    ただし、旧GAには存在していたレポートの「ビュー」や「カスタムレポート」などの機能が無くなっているため、各種設定や数値を見る時には十分注意する必要があります。今回ご紹介した設定・分析方法を参考に、GA4活用によるWebマーケティングを強化しましょう。

    シスコムでは、次世代のアクセス解析プラットフォームであるGA4の導入・運用をサポートしています。G4Aを本格的に運用するには、データポータルなどのBIツールとの接続をはじめ、分析・改善を繰り返してPDCAサイクルを回すことが重要となります。「導入したものの、数値をどのように見ればよいか分からない」「自社に合った計測方法が分からない」という方に向けて無料相談も実施しておりますので、Web施策にお悩みの方はお気軽にお問合せください。

    ご相談・お問い合わせはこちらから

    TEL 03-6278-7703

    ご相談・お問い合わせ