NOTE
2019.06.24お役立ち

基礎から学ぶEFOフォーム改善でお問い合わせ増加!

目次

    Webサイトに問い合わせフォームを設置したものの、フォームからのお問い合わせがあまり増えないという企業は少なくありません。このような場合、入力フォームを改善することでお問い合わせ数アップにつながるケースが多いです。入力フォームからのお問い合わせを増やす「EFO」について学んでいきましょう。

    EFOとはどういう意味?

    EFO(Entry Form Optimization)とは、「入力フォーム最適化」です。
    フォームに入力し送信ボタンを押すまでの一連のアクションは、ユーザーにとって心理的ハードルが高いものです。資料請求などの際、入力のわずらわしさなどから途中であきらめた経験がある方も多いのではないでしょうか。
    フォームを最適化することでユーザーの離脱率を低下させ、Webサイトからのお問い合わせ件数や資料請求数の向上につなげていきます。
    EFO対策は、自社サイト活用でまず取り掛かるべきポイントといえます。

    最適化されたフォームとは?

    入力途中でのユーザー離脱率が低く、多くのユーザーを入力完了まで導くことに最適化されたフォームとは、具体的にどのようなフォームなのでしょうか。
    EFOの代表的なポイントをご紹介します。

    入力項目数を多くしすぎない

    入力しなければならない項目が多く、たくさんの入力欄が並んでいるのを見ると、入力を始める前に「面倒だからやっぱりやめておこう」「今は時間がないから今度にしよう」と、離脱してしまうユーザーは必ずいます。
    必要のない項目はできる限り削って、項目数は必要最小限にしましょう。
    例えば、メールアドレス入力部分で2回入力を促すものがあります。これは企業ホームページのお問合せや資料請求といった入力意識が高くないフォームの場合は、2回入力はユーザーの入力負担が大きくなるため、EFOの観点ではメールアドレスは1回だけ入力させるのが良いとされています。
    尚、会員登録やアカウント発行など今後もメールアドレスを必要とすることがユーザーも理解している場合であれば入力間違いを減らすためにも2回入力は必要でしょう。

    自動入力などで入力をサポートする

    項目数を減らすことに加え、自動入力や、予測サジェストなどによって、ユーザーの入力をサポートすることも大切です。自分ですべて入力しなくても自動でフォームが埋まることで、ユーザーの負担軽減につながります。
    例えば資料を送る為に住所が必要な場合、郵便番号を入力すると住所の市町村までが自動で入力される、氏名を漢字で入力すると、カナが自動で入力される、メールアドレスの後半部分に対して「@gmail.com」など代表的なドメインをサジェストする、などといった施策が効果的です。

    入力間違いやエラーはその場でわかるようにする

    項目に対して使用できる文字の誤りなどがあったとき、入力完了後に表示する仕様はユーザーにイライラを感じさせます。また、入力後のページ遷移によって入力した情報が消えてしまった場合、ユーザーが離脱してしまうケースは多いでしょう。入力間違いや入力エラーはなるべく起こりにくいよう、最初からわかりやすく表示するとともに、入力時にその場で間違いに気づかせる工夫が必要です。
    例えば、以下のような施策を取り入れると良いでしょう。

    ・必須入力項目には、必須マークなどを付けて表示する
    ・入力されていない必須項目に目立つ背景色を付けておいて入力されると色が消えるようにする
    ・使用できる文字に制限がある場合はわかりやすく表示する
    ・使用できる文字などに間違いがある場合、その場でアラートを表示する
    など

    これらの施策を行うだけで、お問合せの数が15%UPしたという実例もあります。
    顧客を逃さない為にも、EFO対策は急務でしょう。

    まとめ:EFOの効果は充実したサイトでより高まる

    EFOの意味や代表的な施策についてご説明しました。入力フォームを設置しているビジネスサイトでは、EFOに取り組むことは必須だといえます。
    もちろん、フォームを改善することと合わせて、ユーザーがWebである程度の疑問などを自分で解決できるような情報を提供しておくことも重要です。
    EFOとコンテンツの充実、合わせてシスコムにご相談ください。

    ご相談・お問い合わせはこちらから

    TEL 03-6278-7703

    お問い合わせフォーム