東京 ホームページ作成・Web制作会社シスコムノートマーケティングメールマーケティングとはどのようなもの?どんな種類があるの?
NOTE

普通のメルマガ配信との違いメールマーケティングとはどのようなもの?どんな種類があるの?

目次

     

    集客や自社サービスのユーザー確保、またリピーター増加をするための有効な手段に「メールマーケティング」というものがあります。文字通りメールを使ったマーケティング手法のことですが、いわゆる「メルマガ配信」とは得られる効果に大きな差があります。

    メールマーケティングとは、具体的にどのようなものを指すのでしょうか。

    ここでは、メールマーケティングとはどのようなものか、また種類などをご紹介します。

    メールマーケティングとは

    メールマーケティングとは、集客やユーザーの確保、リピーターの増加を目的としたマーケティング手法のことです。メールを使用して行うことから「メールマーケティング」と呼ばれています。

    メールを使ったマーケティング手法として「メルマガ配信」を思い出す人も多いと思いますが、メールマーケティングとメルマガ配信は似て非なるものです。

    メルマガ配信は、顧客(メールアドレスの登録をした会員)全員に対して一斉に同じ内容のメールを送ることをいいます。その多くが、「決められた曜日」「決められた時刻」にメール送るというのが特徴です。

    それに対しメールマーケティングは、顧客それぞれに適した内容のメールをふさわしいタイミングで送ることを言います。顧客の性別や登録日、またサービスや商品の利用状況に応じ内容やタイミングを整えるため、顧客が「いま自分に必要な情報を提供してもらえた」と感じやすくなります。より顧客の心を掌握しやすくなり、メールの開封率などの向上が期待できる手法であると言えるでしょう。

    メールマーケティングには主に3種類ある

    メールマーケティングには、目的の異なる3種類の方法があります。それぞれ見ていきましょう。

    ターゲティングメール

    顧客情報から分析された顧客それぞれの関心事に合わせてリストを分類し、メール配信を行う方法です。たとえば、顧客が男性であれば「男性向けの情報」、顧客が女性であれば「女性向けの情報」を配信します。顧客それぞれのニーズに合った内容の情報を配信していくので、よりメール配信の効果を得やすくなります。

    ステップメール

    メール会員のアクションに合わせて配信するメールの内容を変更する方法が、ステップメールです。たとえば、ユーザー登録したばかりの顧客には、サービス利用に関する「基礎的な情報」を送り、その次にサービス利用の「応用的な情報」を送るといったものです。そのときに必要な情報が送られてくるので、より顧客に寄り添ったものとして捉えられることが多く、リピーターの増加などに効果が出やすくなります。

    リターゲティングメール

    何らかの理由で自社のサービスから離れてしまった顧客に、再利用を促すためのメールをリターゲティングメールといいます。たとえばネットショップであれば、一度商品をカートに入れたものの購入には至らなかったといったケースに、その商品に再度興味を持ってもらえるような内容のメールを送ります。

    まとめ

    メールマーケティングは、事前に煩雑な設定や準備をしなければならないというようなこともありませんので、中小企業、個人事業主の方でも気軽に導入可能です。

    また、MA(マーケティングオートメーション)ツールを導入することでユーザーのステータスや行動管理、ユーザーの検討度合いの点数化、SNSとの連携などが可能になりメールマーケティングがより効果的になります。より詳しく知りたい方には関連記事もぜひ読んでみてくださいね。

    ご相談・お問い合わせはこちらから

    TEL 03-6278-7703

    お問い合わせフォーム