東京 ホームページ作成・Web制作会社シスコムノートSEO音声検索(VSO)でインターネット広告の未来が大きく変わる!
NOTE
2020.09.30SEO

音声検索の最適化でさらなるユーザー獲得へ音声検索(VSO)でインターネット広告の未来が大きく変わる!

目次

    近年、AIを活用した音声検索(VSO)が世界各国で注目を集めています。

    以前までは、情報収集を行う際はテキスト入力が一般的でした。しかし、音声アシスタントデバイスやデジタルアシスタント市場規模の拡大などにより、音声による検索方法が浸透してきているのです。広告業界はユーザー獲得のため、このような変化する現代のニーズに合わせる必要性があるといえるでしょう。

    本記事では、音声検索最適化のための施策や、変化する広告トレンドについて、詳しく解説します。

    音声検索とは

    音声検索とは、音声一つで自分にとって必要な情報サイトを、的確に表示させる機能です。スマートフォンや、Google Home等の人工知能(AI)を搭載した音声アシスタントデバイスを使用し、作業中でも気軽に検索ができます。

    これまでは直接画面と向き合い、文章入力での検索が当たり前とされてきました。しかし、家事や運転をしながら、求める情報を気軽に得られるとして、日常生活に取り入れる国が増えています。日本でも、「OK, Google」「Hey, Siri」などのフレーズが使用された音声アシスタントのCMを見かけるようになりました。「美味しいイタリアンのお店を探して」と、語りかけるようなシーンが多く、通称会話型検索とも呼ばれています。ハンズフリーでどこにいても検索ができることから、若者だけではなく、シニア世代でも需要が高まるといえます。

    現在、国内では他国ほど利用者は少ないものの、技術の発展に伴い徐々に浸透していくと予想されています。普及途上で未知数・正確に変換されないことがある・公共の場では使用しにくい、などの問題点はありますが、音声認識のテクノロジーは今後も成長し続け、便利性に優れた製品やアプリを多く生み出すでしょう。そして、読む・見る広告から、聞く広告の需要が拡大するといえます。

    この技術は、インターネット広告に影響を与えるとされ、全世界で大きな課題となっています。より多く集客をするためには、ユーザーに寄り添った広告運用が必要不可欠となります。近い未来に、音声検索最適化(VSO)を活用したシステムが、大きな活躍をするかもしれません。

    市場規模の広がり

    AIを活用した音声検索(VSO)が、欧米を中心に各国へと広がり、注目を浴びています。

    2016年、40代の若さでGoogleのCEOに就任したスンダー・ピチャイ氏は、「2020年までに音声検索がモバイル検索のなかで占める割合は50%に達する」という発信をしました。テキスト入力では探しづらかった音声や画像、動画の一部を表示させることに優れており、その技術は目覚ましい成長を遂げています。作業をしながらでも、操作をせずブラウザ表示がされるので手間を取りません。

    また、天気予報や運勢といった些細な情報や、おすすめのお店まで気軽に検索ができるため利便性が高いとされています。

    スマートフォンや音声認識機能を搭載したAmazon Echoなどのデバイスを通した検索は、日々増え続けています。しかし、恥じらいの精神をもつ日本では、生活に浸透しているといいがたいのが現状です。プライベート空間という限られたシーンでの検索を想定したマーケティングが必要だといえるでしょう。

    忙しい現代社会では、入力時間の削減を意識したハンズフリーで行う情報収集の需要がますます高まると予想されます。そのため今後は、従来のSEO対策だけではなく、音声検索への対策も同時に行うことが、ユーザー獲得につながるのです。

    大きな可能生を秘めているデジタルアシスタントは、インターネット広告を変化させる鍵となるかもしれません。

    音声検索施策のポイントとは?

    AIを搭載した音声アシスタントデバイスの普及により、広告トレンドが大きな変化をみせています。それに伴い、音声検索最適化といわれる施策が多くの企業の課題となっています。

    フリーハンドで検索を行える音声検索は、「手軽」「速い」というメリットがあり、導入を検討する人の増加は見過ごせません。普及率に伸び悩む日本でも、音声検索と予想される検索語句が増えています。以前は「イタリアン・東京」等のキーワード検索が一般的でしたが、「~は大丈夫?」「~はどこ?」といった会話型の検索が当たり前になるでしょう。

    以上のことから、今の時代に適応した対策が重要といえます。
    また、音声検索に消極的な反応をみせる日本では、独自の対策を準備することが必要不可欠です。利用者は増加しつつありますが、公共の場で使用する人は見かけません。「どのようなシーンでどのような検索が行われているか」をしっかりと把握した上で、ユーザーのニーズと向き合う努力が大切でしょう。

    音声検索では、短くシンプルな文章が選ばれやすいとされています。そして世間で人気のあるメディアや、意図が明確なコンテンツが上位表示されやすい傾向にあると言えます。ページ表示のスピード改善だけではなく、コンテンツの見直しにも力を注ぐことがおすすめです。

    音声検索最適化をするとどんな効果が得られる?

    世界各国で音声検索が一般的になりつつある中、最適化する事で得られる効果について多くの人々が注目をしています。全体の検索手段のうち音声による検索が占める割合は、日本含め増加傾向にあり、今後さらなる普及が予想されています。それに伴い、音声検索に対する対策が、マーケティングにおいて必要不可欠だといえるでしょう。

    幅広い年代の顧客獲得

    人工知能を搭載したiPhoneのSiriやGoogle Homeといったスマートスピーカーでは、音声によるデバイスの操作が可能です。またルート検索や、必要な情報を迅速・的確に表示することに優れています。このように、アイズフリーでテキスト入力の手間も取らない情報収集は、デバイス機器の操作に不慣れなシニア世代含め、幅広い年代の顧客獲得につながる可能生があります。

    検索でのヒット回数が増える

    時短で簡単に検索できるという手軽さから、日常の検索回数も増えると予想されます。そのため、検索でのヒット回数の増加も期待できるでしょう。

    集客を確実に行うためには、従来の方法だけではなく、多様化するニーズに合わせた予備対策が必要です。現状把握を常に行い、顧客に寄り添うことが大切でしょう。

    まとめ

    音声操作が身近なものとなり、広告のあり方も徐々に変化してきました。日本は他国に比べて音声検索をするユーザーが少ない傾向にありますが、スマートスピーカーの普及に伴い、今後さらに増加していくと考えられます。

    未知数ということもあり、広告に与える影響やその対策に注目をしている人は少なくありません。AIを搭載したデジタルアシスタントは、近い未来日本でも、必要不可欠なものとなるでしょう。従来の方法を元に、音声検索に対する対策を講じることが、今後のユーザー獲得の道だといえます。

    シスコムでは、音声検索最適化に関するご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

    ご相談・お問い合わせはこちらから

    TEL 03-6278-7703

    お問い合わせフォーム