Webサイト制作に関する見積もり相場、外注するメリットについて

無料ブログなどがある今、Webサイト制作を外注する際に、「何にいくらかかるのか?」「自社で制作するメリット・デメリットと比較してどうなのか?」など、制作料金や全体の相場観などの費用面を気にされるご担当者様が多くいらっしゃいます。
そこで、デザイン、設計、開発、運用にかかる費用から、制作の過程やスケジュールについてまとめました。

 

自社で制作と、制作を外注するメリット・デメリット

まず、自社でWebサイトを制作する場合のメリットをご紹介します。

外注費がかからず、費用を低めに作れる

特に小規模な企業の場合は、予算上の制約があり「とにかく安く済む」と考え、自社制作を選ぶケースもあります。

外注費がかからず、費用を低めに作れる
 

頻繁に更新をすることが可能

社内に更新作業ができる人材がいる場合、Webサイトの更新(ブログなど)をその都度行うことが可能です。

頻繁に更新をすることが可能
 

自社の社員に依頼するので、コミュニケーションを取りやすい

自社の社員に制作を依頼する場合、全体の構成だけではなくコンテンツ内容などの制作も行う場合は業界の知識や、業務フローなど、自社についての共通理解があるのでコミュニケーションがスムーズです。

中でも、外注費がかからないという点が目立ったメリットとも言えます。確かに、Web制作会社に外注すると外注費が数十万円程度発生してしまいます。
しかし、自社制作の場合のデメリットも見過ごせません。

自社の社員に依頼するので、コミュニケーションを取りやすい
 

Webサイトのクオリティが制作担当社員のスキルに依存してしまう

Webサイト制作は、簡単なものから難易度の高いものまで様々です。
Webサイトと呼べるものを作ることは趣味程度に勉強した人であっても可能ですが、企業のWebサイトには専門知識が必要です。
自社の社員が制作のプロではない場合、クオリティ面で不安が残ります。
せっかく作ったWebサイトでも、いざ使ってみたらバグが見つかり、改修が必要になることもあります。バグやエラーの少ないWebサイトを制作するには、制作実績や経験が必須です。

Webサイトのクオリティが制作担当社員のスキルに依存してしまう
 

本来業務との両立が厳しい

制作専門部門を持っている場合は別ですが、Web制作を本来の業務と並行させて行う場合は、かえって本来業務と両立することが難しくなってしまいます。

本来業務との両立が厳しい
 

工程・工数が不明瞭になりやすい

「出来るときに制作する」というスタンスでは、どの作業にどれくらいの時間がかかるかという工数や、作業工程を決めずに作業をしてしまうことがあります。
スケジュールを決めずに作業をすると、公開・運用までに時間がかかりすぎるといった結果になります。
また、スケジュールを決めてもその通りに進むとは限りません。本来業務が忙しく、そちらの仕事を優先した結果、妥協せざるを得ず質の低いWebサイトになってしまう可能性もあります。

工程・工数が不明瞭になりやすい
 

ユーザー視点を維持することが難しい

実際のWebサイトの見やすさ、使いやすさは社内ではなく、ユーザーが判断するものです。自社で制作する場合は、愛着を持ってしまうがゆえにユーザー面からの視点を持つことが難しくなります。

ユーザー視点を維持することが難しい
 

設備費や人件費がかかる

テストサーバーの設備費用は自社で負担することになります。また、新たに制作担当者を雇う場合は人件費がかかりますし、Webサイトのテストをするための人件費も必要です。制作に必要なソフトや、パソコンを新調する必要があるかもしれません。それらの費用が全て自社負担になってしまいます。

次に、外注した場合のメリットは以下のとおりです。

設備費や人件費がかかる
 

クオリティが高いWebサイトを作ることができる

Web制作のプロが作るWebサイトは、デザイン面、機能面共に質が高いことが特徴です。また、長年の制作の経験があるのでユーザーに配慮した設計やデザインができます。
検索エンジンで検索した時により上位に表示されるためのSEO対策を行えるWeb制作会社も存在します。そのため、検索エンジンからの流入も期待できます。

クオリティが高いWebサイトを作ることができる
 

セキュリティ面で安心できる

特に、Web制作会社はあらゆるセキュリティ面での専門知識を持っているので、Webサイトのウィルス対策やWebサイトの改ざんによる情報漏洩の可能性といった面で安心できます。

セキュリティ面で安心できる
 

本来業務に集中できる

Web制作を、本来業務と両立させる必要がありません。本来の業務に集中でき、社員の負担がかかりません。

本来業務に集中できる
 

スケジュール通りに制作できる

どんなに業務が忙しくても、外注すればスケジュールどおりにWebサイト制作をしてくれます。対価を払っているならでは。

一方で、Web制作会社に依頼するデメリットもあります。

スケジュール通りに制作できる
 

制作費がかかる

制作費は一般的に1サイト数十万円程度です。レスポンシブデザインにする、スマホ用のサイトも作るなどだと別途費用が掛かる場合もあります。

制作費がかかる
 

すぐに更新できるというわけではない

頻繁にサイトの更新をしたい内容がある場合、制作会社に連絡を取って更新してもらうという形になるので、更新するまでに時間がかかります。

Webサイトは自分の会社の鏡となります。自社制作、外注制作それぞれのメリットとデメリットをよく比較して、自分たちの会社に最適な選択をすることが重要です。

すぐに更新できるというわけではない
 

自社で制作する場合に必要なスキルや人員、ツールについて

Webサイトを自社で制作する場合、どのようなスキルを持った人材が必要なのか、Web制作会社で制作をしている方々を一例に考えてみましょう。

Web制作に必要な人

通常はチームを組んで、それぞれの作業を分担して制作作業を行います。一般的に設計と、デザインはそれぞれ別の人材が担います。
また、Webサイトを設置するということは、広い意味でのマーケティングの一環です。従って、Web業界をよく知り、検索エンジンの仕組みなどにも詳しい人材が求められます。
また、Webサイトはプログラムの一種でもあります。そのため、システムエンジニアやプログラマーといった技術者が必要です。規模にもよりますが、大まかに5種類の職種でチームを編成し、制作作業を行います。

職種名でいうなら、


@Webディレクター…
プロジェクトチームの人選と、Webサイトの企画、工程管理を行います。制作陣を統括するプロフェッショナルです。マーケティングにも詳しい人材が最適です。どのようなサイトを作りたいかヒアリングを行い、どんな作業が必要か計画を行います。
テクニカルディレクターの場合はどちらかといえば技術者に近く、Webディレクター業務と、システムエンジニア業務を兼ねます。
Aプログラマー(コーディング)…
システムエンジニアの指示に従って、Webサイトを専用の言語を使って記述します。
Bシステムエンジニア…
主にWebサイトの設計を担当します。プログラマーをまとめる役目もあります。
Cデザイナー…
Webサイトの外観をデザインします。
Dデバッガー…
Webサイトのテストをします。様々な入力をする、負荷テストをするなど、テストケースを試していくことでWebサイトにエラーが出ないかどうかをテストします。

Web制作に必要な技術

Web制作に必要なスキル・秘術に関しても職種別に見ていきましょう。


@Webディレクター…
コミュニケーション能力が必要です。マーケティング分野だけではなく、SEOや解析、技術分野にも精通している必要があります。いつ、何にどれくらいの時間がかかるかという、工数をきちんと見積もる能力が必要です。
Aプログラマー(コーディング)…
HTML、CSSをはじめ、PHP、JAVAなどの各言語の知識が必要です。
Bシステムエンジニア…
作業計画に合わせて作業の進捗を管理する能力が重要です。また、システム設計、開発に関する専門知識を持っており、特にセキュリティ分野については常に知識を更新し続けなければなりません。
Cデザイナー…
デザインに関する知識(色彩やデザイン理論など)、ユーザビリティ、アクセシビリティーを考えたデザインをする技術が必須です。
Dデバッガー…
テストケースを元に、テストを行う根気と正確さが求められます。

Web制作に必要なもの

  • @作業をするためのパソコン…
    CPUはCore i5、メモリは最低でも4G以上。OSは、Windowsでも可能ですが、デザインや映像を扱うことが多いのであればMacをおすすめします。
  • Aソフトウェア…
    Webサイトを作るためのソフトと、デザインをするためのソフトがあります。
    • Dreamweaver…
      Webサイトを作るためのソフトです。コンテンツを組み合わせて実際のページを作り出すことができ、Webオーサリングソフトと呼ばれます。
    • Fireworks…
      グラフィック制作用のソフトです。
    • Flash…
      アニメーションを作るためのソフトです。
    • Illustrator…
      ロゴ制作、描画処理などに使用します。一例として、MicrosoftのWindows OSに付属している「ペイント」のさらに豪華なものだと考えてください。
    • Photoshop…
      写真の加工を行います。

これだけのハードウェア(パソコン)と、ソフトウェアを揃えなくてはなりません。
パソコンだけでもWindowsとMacと一台ずつ、さらにソフトウェアは一本あたり3万円以上するため、いちからすべてを揃えた場合、数十万円以上かかることもあります。ソフトウェアはいつまでも同じものを使えるわけではなく、その都度更新が必要で、有料の場合もあります。
これらの人材、技術、ソフト・ハードの設備が揃って初めてスケジュール通りに制作作業が進み、クオリティが担保されます。

 

サイト制作を依頼する見積もりの相場と、制作会社の選び方

見積り金額は、制作したいWebサイトの内容により差が出てきます。一般的には、難易度が高いWebサイトほど工程が多く作業日数がかかるので高額になります。

サイトの種類 内容 金額
Webサイト 10ページ程度の小規模なWebサイト。Web上で商品を販売・代金を決済するなどの機能は無い。 30万円〜(更新機能を付けると50万円〜)
掲示板 自由に書き込みが出来るWebサイト。セキュリティ面での対策が必要。 30万円〜
ECサイト Webサイトに、「買い物かご」や「レジ」などの賞品を販売、代金を決算する機能をつけたもの。自社商品の販売などに使います。 50万円〜
SNS FacebookやmixiといったWebサービスが有名です。社員間のやりとりなどに使う社内用SNSなども存在します。 100万円〜

また、多くの制作会社では、いくつかのテンプレートを元にサイトを作っています。
デザインの面で世界に一つしかないオリジナルデザインにすると割高になります。

また、問い合わせフォームやスマホ対応(レスポンシブデザインなど)、メールでのブログ更新の機能をつけると追加料金が発生します。

見積りの出し方は、各社様々ですが、デザイン費を込みにしてページ数を元に計算する会社もあれば、デザイン費用、ディレクション費用を別途計算する会社もあります。必ず、後から料金が加算されないかどうか確認してください。

費用を抑えたい場合はテンプレートを使って制作日数の少ないサイトを作る会社を、オリジナルを追求したい場合は個別にデザインや設計に対応する会社を選びましょう。

また、Webサイトを作った後の保守管理の費用も合わせて見積りを出してもらうことが重要です。制作会社の選定については、「webサイト(ホームページ)制作会社・業者の選び方のポイント5つ」も参考にしてください。

 

SEOやリスティングなど、サイトの運用に関するオプションについて

Webサイトは作っただけで終わりではありません。SEO対策やリスティング広告といった、ビジネスでの成果を上げるための施策を行いましょう。

どういったお客様が自社サイトを訪れるのか、しっかりと解析を行って、Webサイトの内容に反映させていくことが大切です。
つまり、作っただけ、表示しただけではなく、きちんと来てほしいお客様が来ているのか、こちらの伝えたいことは伝わっているのか、お客様は満足しているのかという点を把握して初めてWebサイトとしての存在意義が成り立ちます。

過去、Webサイトの運用というと内容を更新するだけという考え方もありました。
しかし、インターネットとスマートフォン端末がかなり普及した現在では、Webサイトはポスターやチラシのような広告やお知らせといった役割を超えて、お客様とのコミュニケーションツールになっています。
本格的な運用には専門知識や技術が必要な時代。新たにWebサイト制作をお考えの方や、運用面での悩んでいる方は、Web制作会社に相談してみましょう。

 
ご相談・お問い合わせはこちらから
お見積り ホームページ無料相談
tel.03-6278-7703
株式会社シスコム

contents
page_top