webサイト(ホームページ)制作会社・業者の選び方のポイント5つ

Webサイト(HP)制作を考えた時、まず選択するのが自主制作もしくは外注という制作手段です。Web制作会社への依頼では費用面こそ自主制作に劣りますが、制作に要する時間と運用後の安心感では自主制作を上回るメリットがあります。

しかし、「公開後、長く運用ができない」といった理由で失敗する方の多くは、実は「成功に繋がる業者を選べていない」という共通の要因があるのです。そこで今回は、Webサイト制作会社選びのための5つのポイントを詳しくご紹介します。

制作会社の対応エリアと対応内容をチェック
制作会社の規模・強み・方針(ポリシー)をチェック
制作会社の実績・事例をチェック
制作にかかる価格・見積もりをチェック
制作のスケジュール・進め方をチェック

自分で作成する場合の方法とメリット・デメリット

Webサイト (ホームページ)を自主制作する際に最も主流となっているのは、サイト制作のための無料ソフトウェア「WordPress」を使った方法です。WordPressでは、予めサイト内容やサーバー、メールソフトなどを決め、ドメイン取得と必要なコンテンツを揃えるだけで誰でも簡単にサイト制作が可能です。

制作では既存のテンプレートを使ったり、オリジナルで面白いデザインに仕上げたりできるなど、作り方が手軽でかつ自由度が高い点が魅力です。

しかし、Webサイトは立ち上げが目的ではなく、立ち上げをスタートとしてその先の目標に向かって日々編集や改築を行わなければいけません。そこで要となってくるのが、より充実したコンテンツや検索エンジンに特化した目に見えない部分での運用です

Webサイトを制作する際に外注を選ぶ方の多くは、自主制作における不安要素が外注時のデメリット(費用の負担)を大きく上回っているからではないでしょうか? 多くの方が自主制作を避ける理由としては、サイト構築やSEO対策に関する知識が乏しい場合がほとんどです。

しかし、それは言い換えれば、サイト構築やSEOの知識さえあれば自主制作も当然可能となります。また、それらの知識を持っていたとしても外注を選ぶとすれば、制作にかかる時間を営業戦略や商品開発、お客様への挨拶状作りなど自分にしかできない他の要素にあてようとした場合です。

このようなことから、Webサイトを自主制作する場合は費用を安くおさえられるメリットが大きい代わりに、多くの専門知識が必要とされるデメリットや、限られた時間を大幅に費やさなければいけないデメリットがあります。

メリット 制作費用を抑えられる
デメリット専門知識と、大幅な製作時間が必要

制作会社への依頼を検討する前に・・・競合・目的・予算をチェック

自主制作のメリット・デメリットを比較してWeb制作会社への依頼を選んだ場合、まず取り組むべきことは以下の3点です。

自身のサイトの競合を知る

自身の競合を把握するのは、サイトアクセス(集客)を多く獲得するために欠かせません。ネットで競合をチェックし、他社あるいは他サイトとの差別化を図るためにも、まずは競合のおおまかな数や特徴を把握しましょう。その際、良い所と悪い所を書き出しておくのがおすすめです。

サイトの目的や方向性を決める

Webサイトの目的を決める際は、プロジェクト管理同様に5W2Hを明確に書き出しておきましょう。

また、目的に合わせて大まかなデザインを決め、素材(写真やイラストなど)の有無、スマホ・タブレットでの運用をするか否かを考えておくと依頼内容を選択しやすく、制作がスムーズに進みます。

制作費用の予算を決める

Webサイト制作にかけられる費用のうち、どこに力を注ぐか考えることによって予算の割り振りができます。サイト内で特に力を注ぎたいページや機能は予め書き出しておき、それらにかける費用は大まかにでもきちんと項目を分けて整理しましょう。

また、全費用が定まっていなくても項目ごとにかかる費用を漠然と把握できれば、最終的に必要となる予算を割り出すこともできます。そのようなことから、制作費用は必ず項目ごとに書き分けておくのがおすすめです。

依頼時に最も避けておくべきことは、予算にこだわらず「お任せ」という内容で依頼してしまうケースです。そのような依頼方法だと、後からの修正で想定外の費用が発生する可能性が高いので注意してください。

選び方@ 制作会社の対応エリアと対応内容をチェック

自身の意向をきちんと取り入れたサイトを制作するには、制作会社との綿密な打ち合わせが欠かせません。そのため、数ある制作会社の中でもこまめな連絡・相談がし合える業者を選ぶのが何より重要です

また、一般的に、サイト制作を依頼した制作会社とは運用開始後も長く二人三脚でサイトの改善を図っていきます。そういったビジョンがある中で、満足に連絡が取り合えない制作会社・担当者と契約を結んでしまうと、後からではどうにもならないストレスや不安を抱えてしまうケースがあります。

そのようなことから、まずは自身が希望するサイトに見合った打ち合わせができる制作会社を選び、その際、打ち合わせの手段や対応エリア・地域も細かく確認しておきましょう。電話やメールでの打ち合わせができるのはもちろん、ミーティングの有無や営業時間、対応頻度を比較していくと自分に合った制作会社を選びやすくなります。

ポイント長く付き合える、相談しやすい制作会社を選ぶ

選び方A 制作会社の規模・強み・方針(ポリシー)をチェック

一言で制作会社といっても、Web制作業界にはフリーランスや株式会社と名の付く大手企業まであり、その規模や強みは様々です。多くのクリエイター・企業はサイト制作でポリシーを持って取り組んでいるため、自身の目的と見合った規模・強み・ポリシーの制作会社を選んでください

その際の注意点として、制作会社の規模にとらわれた選択はおすすめできません。「有名な会社だから」や「聞いたことがある名前だから」といった理由で制作会社を選んでしまうと、想定外の費用が発生したり希望通りの依頼ができなかったりなどのリスクが高まります。

また、サイト制作で要となるデザイン制作や内部対策は、多くの場合担当するクリエイターが異なります。各項目で必要とされる専門知識をもった信頼できるクリエイター・ディレクターが集まるチーム集団を優先して選べると、サイトそのものを高品質なものに仕上げられると言えます。

ポイント規模よりも、目的に見合った制作が可能な制作会社を選ぶ

選び方B 制作会社の実績・事例をチェック

デザインの種類や機能の充実さなどを比較するには、サンプルページや参考資料によく目を通してください。そして、気になる制作会社を何社かに絞れたら、その中でより自分の目標達成を実現できそうな制作会社を探していきます。

しかし、実際には「この制作会社なら絶対に成功する」という確証はありません。そこで、目を通しておくべき点がそれまでの実績や事例です。実績は依頼件数などではなく確かな成功実績を持つサイトの「成功までの道のり(成功の定義)」や「ゴール(戦略)」が明確に記載されている(もしくは説明できる)かどうかに重点を置いて比較するのがおすすめです。

ポイント事例から製作会社の戦略をチェックする

選び方C 制作にかかる価格・見積もりをチェック

制作依頼や契約を結ぶ前に必ず確認しておくべきことは「希望のサイト制作にかかる総額」です。稀に、制作前の段階では具体的な金額を提示してくれない業者もいますが、そのような場合は最終的に伝えられていた金額よりも費用が上がる可能性があるので注意してください。

また、同じ条件やサービスでどれほど費用に差がでるかを知るためにも、複数の制作会社に「競合・目的・予算」を伝えて粗見積もりを取っておくのがおすすめです。 その際、内訳として最低限確認するべき項目は以下の通りです。

  • ・初期費用、更新費用(ランニングコスト)
  • ・追加料金が発生する条件やケース

上記の内訳を把握することは、想定外の加算費用で予算オーバーしてしまうリスクを軽減できます。また、価格や見積もりと合わせて必ず確認しておきたいのが「支払方法(一括、分割、カード)」や「キャンセル料金」の有無です。

依頼者の立場を考えたほとんどの制作会社では多彩な支払い方法が設けられていますが、稀に分割支払いやクレジットカード支払いに対応していない企業もあります(特にフリーランスなど個人・少数で運営する業者に見られます)。

そのほか、0円や無料、低予算というコピーを全面的に押し出している場合は注意が必要です。上記のような制作会社は一見お得に感じたとしても「蓋を開けると追加料金だらけだった」というケースが考えられ、0円や無料となるのは「ごく限られた条件内でのみ適用」という規定が設けられていたりします。

ポイント相見積で予算オーバーリスクを回避

選び方D 制作のスケジュール・進め方をチェック

実際にサイト制作を進めていく中で、新たな要望や変更希望は出てきます。そのような場合に、変更・修正がどこまで可能かという点を知らずにいると、思わぬ追加料金が発生してしまいがちです。

費用面の負担が大きくなればなるほど優先する点がサイト品質よりも予算事情に移動しやすくなるため、本当に「満足のいくサイト制作」とは方向性が異なってしまいます。そのような事態を防ぐために重要なのが、「制作開始〜サイト完成・立ち上げ」までの制作スケジュールを事前に確認しておくことです

予め段取りや工程など大まかなスケジュールを共有しておくと、制作スケジュールに沿って細かな希望を伝えやすくなり、自身もそれに合わせた準備や戦略を組みやすくなります。

また、制作スケジュールの確認と合わせて、定期的な進捗確認の有無と方法を確認しておくのもおすすめです。制作会社側にも予期せぬトラブルがないとは言いきれないため、こまめな進捗確認ができればより一層安心して制作を依頼できます。

ポイントスケジュール共有、進捗確認が可能な制作会社を選ぶ
contents
page_top