プロダクトワーク


優れたWEBとは、マーケティング+WEB構築+デザインのバランス

1. 検索サイト上位表示=SEO

ホームページで検索をかけてくるユーザーは何らかの問題や課題や欲求を解決するために情報を必要とし自ら求めてサイトにやってきます。このことが大変重要な点でホームページからくるユーザーの特性として顧客意向率が非常に高いといえます。
かりに現在のアクセスが1日10件だとしたら100件に上げることにより顧客意向率も10倍になると言う事になります。
アクセスを上げる最も有効な手段はYahoo!・Googleなどの検索サイトのランキング(表示順位)を上げることです。

2005年10月3日、Yahoo!の表示形式が大幅に変り、我々SEO業界及びインターネット関連企業また、ホームページを顧客獲得の主要チャネルとしていた一般企業にも大きな衝撃が走りました。
従来のディレクトリ検索(人的登録)からGoogleを代表とするロボット検索型に変わり今までYahoo!のトップに表示されていたホームページがいきなり100番代の下位表示になってしまったりと劇的に表示順位に変化がありました。
これで主要な検索サイトのほとんどがロボット検索型となり、YST(YahooSearchTechnology=ヤフーのロボット型検索)での上位表示もGoogleと同様にクローラというロボットがWeb上を定期的に巡回し情報を集めるシステムとなりました。
このシステムはある決められた手順・方式(アルゴリズム)によりWeb上のホームページの内容を理解し、情報収集を行ないます。
そしてユーザーが探したいキーワードを打ち込み検索を開始するとその検索キーワードに最適と判断されたホームページを順に表示するシステムです。

SEO

主要な検索サイトがロボット検索になり今後ますますSEO(検索エンジン最適化)の必要性が増す事は言うまでもなく今後ビジネスの成長を左右すると言っても過言ではありません。
シスコムは長年の経験と多くの実績を持ったWebコミュニケーターがSEO(検索エンジン最適化)及びSEM(検索エンジンマーケティング)のノウハウでYahoo!・Googleなどの検索エンジン上位表示を支援致します。


 
※SEO(検索エンジン最適化)とは

インターネット先進国のアメリカで1996年頃に始まった考え方で検索サイトのyahoogoogleなどで自分のサイトのランキング上位に表示させるための手法のことです。
日本では検索エンジン最適化といい最近注目を集め、ホームページを活用する上で非常に大切なポイントとなっております。
せっかくイメージどおりの素晴らしいホームページを作っても、誰にも見て頂けなければ無駄なものとなってしまいます。
IT先進国のアメリカではSEO対策は当たり前となっており、ホームページを作ることとSEOは常に1つでなければならないという考え方が常識です。

 
 

2. デザイン

ホームページ成功の重要要素は上位表示だけではありません。
せっかく上位表示がされても「顔」が悪ければ人は逃げてしまいます。ユーザーのほとんどはホームページのTOPページでそのホームページの印象を決めてしまう傾向があります。

そしてそのページの印象によりユーザーの半数は情報の充実度に関わらず離れてしまうというデータがあります。
特にBtoBEコマ−スを目的とした場合には人の持つ経験知からくる「このサイトは大丈夫かな・・・」というネガティブな感情がごく当たりまえに生まれます。
それを払拭し信用や好意的な印象を与え安心なホームページであるということを伝える事が必要です。
シスコムはノウハウを持った優れたWebデザイナーが企業イメージを高めるブランディングを目的としたクリエイティブ開発を行ない満足のいくデザイン制作をお約束致します。

 
 

3. ユーザビリティ

ホームページはユーザー自身またはユーザーの属する会社の問題や課題を解決するために情報を求め最適な相手を探すツールです。そのためにホームページは会社案内程度の情報ではお客様からのレスポンス率も落ちてしまいます。
シスコムのコンテンツ設計のコンセプトは「誰にでも使いやすくやさしい」いわゆるユーザビリティ性を追求することを心掛けております。ページの振り分けと内容を整理しできるだけ詳しくしかも分かりやすくすることが大切です。

 
 
ご相談・お問い合わせはこちらから
ご相談・お問い合わせ お見積り ホームページ無料相談
tel.03-3275-3111
株式会社シスコム

contents
page_top
お気軽にお問い合わせください
TEL : 03-3275-3111 ご相談 お問い合わせ お見積もり