グローバルサイトとは

大企業だけではなく中小企業もグローバルサイトを検討すべき

これからの企業環境は、業界に限らず、厳しくなることが明白です。人口減少により日本国内市場の縮小し、さらに企業規模や業種は関係なくグローバルでの競争に巻き込まれるなど簡単ではない経営課題が山積みです。

しかし「ピンチはチャンス」の言葉通り、チャンスもあります。そうグローバル化です。日本国内で安穏としていられない現実はありますが、グローバルに打って出ることで膨大な市場が手に入ります。

でも、どうしたらよいか。。。
海外未経験の中小企業の場合は方法が限られます。

  • ・JETROに相談する。
  • ・輸出入の代理店に相談する。
  • ・海外に代理店を見つける。
  • ・海外進出のコンサルタントに相談する。

そうですね、結構パワーが必要です。ただ忘れてはならないのはWEBサイトをグローバル化することです。上記のいずれかのアクションは起こす必要がありますが、グローバル化していないWEBサイトでは、話が始まりません。

また大企業でもWEBサイトのグローバル化を行わずに海外展開努力をしていますが、致命的な間違いです。「BtoBビジネスサイトの重要性」でも述べたように、海外ビジネスマンも情報収集は企業サイトから始まります。

 

単なる翻訳ページですませていませんか?

「グローバルサイト」とはなんでしょう。「うちの会社はグローバル化しているよ」と言うお話はよく聞きます。しかしサイトを拝見すると日本語サイトが日本語翻訳してあるだけです。確かに言葉(文章)はわかると思います。

これで本当にグローバル化といえますか?

例えば皆さんが海外サイトで時折、日本語翻訳されているWEBを見ることがありますよね。そもそも翻訳の品質が悪い場合もありますが、翻訳がきれいにできていても、何か使いづらくないですか?

例えば

  • ・使い勝手がわるい
  • ・ほしい情報が取得できない
  • ・説明がわかりにくい

などなど。翻訳が悪いわけではありません。文化の違いを理解していない、また国ごとのビジネス慣習を捉えていないことに原因があります。

翻訳だけで「グローバル化」しているという思い込みは危険です。

 

ビジネス慣習と文化の違い

日本のビジネスでは、資料や提案書に詳細情報まですべて網羅している事が大切です。相手がほしいと思う情報を提案書に盛り込み、その上で説得できなければ失格です。そのため会議では、開催前にそれぞれのキーマンへ事前説明を行い、疑問点やハードルを確認して、また事前に説得してから完璧な提案書で会議に臨みます。

では米国は?
社内の提案書を見ると驚きます。ポイントだけしか書いていません。簡潔明瞭。え?こんなんじゃ怒られない?と日本人は思います。しかし米国ではディスカッションや議論が重要となるため、くどくど説明を書き連ねて説得するという行為はあり得ません。聞かれたら答える、必要資料を加えて説明をする・・・。それでgood job!となります。
(ある意味、責任を取るのは君だから、という文化もありますが)

相当違いますね。WEBもこうしたビジネス慣習の違いを意識しないとなりません。

 

グローバルサイトとは

本質的なグローバルサイトは1つではありません。自社の成長戦略をよく確認しグローバル化の方法を選択する必要があります。

ただ強く言えることは、「問い合わせ」「相談などの連絡先」の提示は重要です。クリックトゥコールと言いますが、米国のサイトでは細かくこうした仕組みが置かれています。日本では「問い合わせ」「相談などの連絡先」はかなり興味が高まったか、覚悟ができたときにアクションを起こしますが、ビジネス文化の違いを前節で説明した通り米国では「わからないことを聞く、聞きたい」という特徴的なアクションがあります。これを漏れなくつかむことが大切であり第一歩となります。

次回は、グローバルサイトの構築方法を説明します。

 
ご相談・お問い合わせはこちらから
お見積り ホームページ無料相談
tel.03-3275-3111
株式会社シスコム

contents
page_top